private 【イギリス】政府、製造業のデジタル技術開発で5つの研究センター設置。総額81億円を助成

Facebook Twitter Google+

 英ビジネス・エネルギー・産業戦略省は7月27日、製造業のデジタル技術の開発促進で、5つの新たなデジタル製造研究センターと、サプライチェーン生産性向上のためのプロジェクト37件に総額5,300万ポンド(約81億円)を助成した。製造業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を一気に進める。  今回の助成では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】CGF、サプライチェーンの対象範囲拡大とデジタル化の必要性提唱。購買行動の複雑化

Facebook Twitter Google+

 食品・消費財大手や小売大手が加盟する国際的な業界団体コンシューマー・グッズ・フォーラム(CGF)は6月18日、消費財メーカーと小売企業のサプライチェーンのデジタル化についての最新動向を紹介したレポート「A New Way To Serve」を発行した。レポート作成では、オラクルとキャップジェミニが協力した。  同レポートでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、通商政策発表。グリーンとデジタルの強化でWTO改革も視野。二国間協定でも

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は2月18日、今後数年間の通商政策を発表した。既存の自由貿易促進を堅持するとともに、公正で持続可能な貿易ルールに向けた通商政策を打ち出した。カーボンニュートラルを含めたサステナビリティと、EUの経済回復を追求する通商政策を全面に掲げた。  今回の発表では、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】政府、成長戦略実行計画決定。2040年までに洋上風力30GW。低炭素車への移行も

Facebook Twitter Google+

 日本政府は12月1日、第5回成長戦略会議を開催し、今後の成長戦略の実行計画を決定した。成長戦略会議は、経済財政諮問会議が示す経済財政運営と改革の基本方針の下、成長戦略を具体化するための会議。前安倍政権で開催されていた日本経済再生本部と同本部が開催していた未来投資会議の機能を引き継いでいる。通常は官房長官が議長を務めるが、今回は菅義偉首相も出席した。  菅政権が初めてとりまとめた成長戦略実行計画の柱は3つ。まず、2050年カーボンニュ [...]

» 続きを読む

【イギリス】原子力廃止措置機関、迅速で安全な原発廃炉推進で目標設定。廃棄物削減やデジタル化等

Facebook Twitter Google+

 英原子力廃止措置機関(NDA)は1月30日、古くなった原子力発電所の迅速で安全な廃炉に向け、技術革新目標「グランドチャレンジ」を設定した。既存テクノロジーのイノベーティブな利用と、新しい効率的アプローチを推進しつつ、コストも減らす。  同機関は今回、生産性、効率性、有効性を改善するための4分野を設定した。 廃棄物の削減  原子力廃棄物のリサイクルおよび再利用を増やし、廃棄物の総量を削減する。 スマートインフラ  自動化技術を活用し、 [...]

» 続きを読む

【日本】デジタル革命は自社の優位性を低下させるが、推進する人手不足は深刻。IPA調査

Facebook Twitter Google+

 経済産業省所管の独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は5月17日、デジタル技術によって自社ビジネスを変革させる「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」に関する企業調査結果を発表した。デジタル技術が世の中で普及していくことが「自社の優位性や競争力の低下」させると懸念する声が非常に多い一方、DXを推進する人材は大幅に不足しているという極めて先行きが厳しい結果となった。  今回の調査は、東証一部上場企業1,000社中92社が回答。 [...]

» 続きを読む

【国際】GRI、サステナビリティ報告書のデジタル化構想を発表

Facebook Twitter Google+

 国際的なサステナビリティ報告基準策定のGRIは5月19日、サステナビリティ報告書の構造化とデジタル化に向けた最新テクノロジーイニシアティブを発表した。同イニシアティブは、XBRL(eXtensible Business Reporting Language)とデジタル化に適したプラットフォームを採用し、報告書のデジタル化に向けた技術インフラを構築するという内容。XBRLとは、企業が財務諸表などのビジネス文書を電子化する際に、データな [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る