private 【スイス】ノバルティス、サステナビリティ・リンク・ボンド2300億円発行。医薬品アクセスでSPT

Facebook Twitter Google+

 製薬世界大手スイスのノバルティスは9月16日、サステナビリティ・リンク・ボンドを18.5億ユーロ(約2,300億円)発行すると発表した。製薬業界でのサステナビリティ・リンク・ボンドの発行は世界初。  サステナビリティ・リンク・ボンドは、サステナビリティに関する重要KPIで目標(サステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット:SPT)を事前に設定し、達成状況に応じて発行条件が優遇される制度。優遇される条件は債券利率で設定することが多く、 [...]

» 続きを読む

private 【国際】ノバルティスとマイクロソフト、ヘルスケアのAI活用でロードマップ提示。国連もバックアップ

Facebook Twitter Google+

 製薬世界大手スイスのノバルティスのノバルティス財団とIT世界大手米マイクロソフトは9月9日、新型コロナウイルス・パンデミックやその他の医療課題への今後の対策のため、データや人工知能(AI)を活用した医療システム・インフラ整備への投資が重要とするレポートを発表した。  今回発表のレポートは、国際電気通信連合(ITU)と国連教育科学文化機関(UNESCO)が共同運営する「持続可能な開発のためのブロードバンド委員会」の「医療のデジタルとA [...]

» 続きを読む

private 【国際】ノバルティス、ESGアクションを加速。医薬品アクセス、新型コロナ、気候変動等で

Facebook Twitter Google+

 製薬世界大手スイスのノバルティスは9月1日、ESG戦略の目標と進捗を発表した。同社はステークホルダーにマテリアルな4つのESG課題として「腐敗防止」「医薬品アクセス」「グローバル・ヘルスケア課題」「コーポレートシチズンシップ」を設定。最重要のヘルスケア課題の他、医療業界における環境サステナビリティでもリーダーとなるべく活動を推進した。  気候変動については、2025年までに自社事業活動(スコープ1とスコープ2)での二酸化炭素ネット排 [...]

» 続きを読む

private 【国際】ノバルティス、気候変動対応に関する動画公開。製薬サプライチェーン上での環境サステナビリティ推進

Facebook Twitter Google+

 製薬世界大手スイスのノバルティスは8月26日、同社の気候変動への対応について纏めた動画を公開。気候変動に伴うマラリアの拡大や、喘息、肺炎等の呼吸器系疾患の増加を懸念し、製薬サプライチェーン上で環境サステナビリティ分野でのリーダーとなるべく、取り組みを推進する。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【オーストリア】政府、ノバルティス子会社サンドの抗生物質製造に投資。中国の競争力に対抗

Facebook Twitter Google+

 製薬世界大手スイスのノバルティス子会社ジェネリック医薬品サンドは7月27日、同社のオーストリア・クントルでの抗生物質生産事業に対し、オーストリア政府が出資すると発表した。12月末に最終決定する。  共同投資計画では、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】ノバルティス、新型コロナ処置薬15種の非営利販売開始。低・中所得国79カ国対象

Facebook Twitter Google+

 製薬世界大手スイスのノバルティスは7月16日、同社ジェネリック医薬品子会社サンドを通じ、低・中所得国を対象に、新型コロナウイルス感染症の症状に対処する治療薬15種の非営利提供を行うと発表した。基礎的治療薬の非営利・安価販売は今回が世界初。ノバルティスは、「医薬品アクセス(ATM)のため」と説明した。  今回非営利提供されるのは、胃腸疾患、急性呼吸器症候群、肺炎、敗血症性ショック等の治療薬として使われているアモキシシリン、セフトリアキ [...]

» 続きを読む

private 【アフリカ】ノバルティス、アフリカでの鎌状赤血球症対策拡大。肺炎やマラリア対策も呼びかけ

Facebook Twitter Google+

 製薬世界大手スイスのノバルティスは6月18日、ウガンダおよびタンザニア保健省と覚書を締結し、アフリカで展開中の鎌状赤血球症(SCD)対策プログラムを両国に拡大すると発表した。同プログラムは2019年にガーナで開始。2022年までにサブサハラ地域10カ国に展開予定。6月19日の「世界鎌状赤血球症デー」に合わせて発表した。  鎌状赤血球症は、 (さらに…)

» 続きを読む

【ヨーロッパ】ノバルティス等、デジタル医療ソリューション開発で患者の声を聞くよう求める提言発表

Facebook Twitter Google+

 製薬世界大手スイスのノバルティスは6月1日、同社も共同運営している医療イニシアチブ「欧州患者イノベーション・サミット(EPIS)」の名前で、デジタル医療サービス開発に患者の意見を十分反映するよう提言するレポートを発表した。IT企業、医療機関、製薬会社、政府、患者団体に向けた提言をまとめた。  EPISは2016年に発足。欧州多発性硬化症プラットフォーム(EMSP)、欧州希少疾病機構(EURODIS)、欧州アレルギー・気道疾患患者連盟 [...]

» 続きを読む

【国際】WHO、医学誌論文を受けヒドロキシクロロキンの「連帯トライアル」臨床試験一時停止

Facebook Twitter Google+

 世界保健機関(WHO)は5月25日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として期待されていた抗マラリア薬ヒドロキシクロロキン(HCQ)について、「連帯トライアル」プログラムでの臨床試験を一時停止すると発表した。医学誌ランセットが5月22日、ヒドロキシクロロキンとクロロキンの2種について、10万人の臨床試験結果から単独で用いた場合とマクロライドと併用した場合に致死率が高く、不整脈を誘発すると発表したため。  今回の決定は、「連帯トライアル [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る