private 【アメリカ】タイソン・フーズ、株主総会での人権デューデリ報告要求決議。機関投資家の大半が賛成

Facebook Twitter Google+

 米食品大手タイソン・フーズは2月11日、株主総会を開催。その中で、人権デューデリジェンス(HRDD)のプロセスに関する報告書を同社の取締役会に要求する株主提案に関する決議があり、同社創業家のTyson Limited Partnership以外の独立株主の78.7%が賛成票を投じた。株主全体では18.4%の賛成にとどまり否決されたが、主要な機関投資家が多数賛成に回ったことが大きな関心を集めた。  今回の株主提案は、 (さらに&hel [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】溶融酸化物電気分解製鉄ボストン・メタル、シリーズB調達に資源大手も出資参加

Facebook Twitter Google+

 米製鉄技術スタートアップのボストン・メタルは2月9日、1月に発表していたシリーズBの出資ラウンドで5,000万米ドル(約52億円)を調達していた案件について、さらに2社が出資に加わったと発表した。 【参考】【アメリカ】溶融酸化物電気分解製鉄ボストン・メタル、52億円調達。まずは鉄合金の商業生産(2021年1月20日)  ボストン・メタルは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】太陽光発電関連175社以上、サプライチェーンでの強制労働反対誓約に署名

Facebook Twitter Google+

 米太陽エネルギー産業協会(SEIA)は2月4日、太陽光発電のサプライチェーンでの強制労働関与に反対する共同誓約「太陽産業強制労働防止誓約」を発表した。すでに175社以上が署名した。現在も署名企業を継続募集している。  同誓約は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】エクソンモービル、CO2削減策でCCS導入重視姿勢を鮮明に。逃げ切り図る

Facebook Twitter Google+

 石油ガス世界大手米エクソンモービルは2月1日、炭素回収・貯留(CCS)技術の新事業部門「ExxonMobil Low Carbon Solutions」を設立したと発表した。石油ガス大手に対する気候変動での批判が高まる中、エクソンモービルはCCSプラントを世界20ヶ所以上に建設し、「回収」で逃げ切る戦略を明確にした。2025年までに30億米ドル(約3,200億円)を投資する。  ExxonMobil Low Carbon Solut [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】カーギル、契約農家のオーガニック農法転換を加速。海藻事業も強化。インドでは栄養支援も

Facebook Twitter Google+

 穀物世界大手米カーギルは2月9日、オーガニック飼料での鶏肉生産を行う米ベル&エバンスに対し、米国産のオーガニック飼料を独占供給する5年間の契約を締結した。カーギルは、今回の契約を材料に、契約農家に対し、オーガニック農業への支援をする新たなプログラムの提供を開始する。  ベル&エバンスは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】シエラクラブ、電力大手の電源脱炭素化調査。大半が電源計画でのコミット不足

Facebook Twitter Google+

 米環境NGOシエラクラブは2月4日、米電力大手79社と親会社50社の長期的な気候変動緩和計画を分析したレポートを発表した。多くの企業が、カーボンニュートラルを実現するための電源計画を策定しておらず、真剣に動き出さなければ「グリーンウォッシュ」になると警鐘を鳴らした。  シエラクラブの調査では、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】EPA、シエラクラブとDTEエナジーの和解を承認。石炭火力の大気浄化法違反案件

Facebook Twitter Google+

 米環境保護庁(EPAを)は2月4日、環境NGOシエラクラブと米エネルギー大手DTEエナジーとの係争後和解について、前トランプ政権が和解成立に反対し、裁判所による承認が必要としていた主張を撤回。任意の和解成立を支持する形となった。  今回の係争は、ミシガン州にあるDTEエナジーの5つの石炭火力発電所が、大気浄化法(CAA)に違反していると主張し、DTEエナジーを提訴したもの。同事案は、シエラクラブとDTEエナジーが、特定の指定日までに [...]

» 続きを読む

【アメリカ】丸紅、バッテリーのサーキュラーエコノミー化でRetriev Technologiesと提携

Facebook Twitter Google+

 丸紅は2月17日、北米最大手バッテリー・リサイクル事業者Retriev Technologiesと戦略的パートナーシップを締結したと発表した。リチウムイオン電池から、コバルトやニッケルを精製し、電池材料分野向けにリサイクルする事業を共同開発する。  Retriev Technologiesは、1992年創業で、米オハイオ州に本社を、オハイオ州とカリフォルニア州にリサイクル工場を持つ。同社は、民生用電池やEVバッテリーを回収し、破砕や [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】IBM、自社事業での2030年カーボンニュートラル宣言。175カ国でネットゼロに

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米IBMは2月16日、2030年までの自社事業での二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)目標を発表した。再生可能エネルギーへの切り替えが主要アクションとなる。同社は175カ国で事業展開しており、全ての国での排出量をネットゼロにする。  今回の目標では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】バンカメ、2050年カーボンニュートラル宣言。投融資CPFも2023年までに開示

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手米バンク・オブ・アメリカは2月11日、自社事業とサプライチェーンを含めた2050年までの二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)目標を発表した。その対象にファイナンス先のスコープ3排出量は含めなかったが、金融業界でのスコープ3算出を積極的に主導することを表明した。 【参考】【アメリカ】バンカメ、2030年までに約33.5兆円の資金を低炭素経済転換分野に動員(2019年4月8日)  バンク・オブ・アメリカは、 ( [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る