【アメリカ】オピオイド製薬大手パーデュー・ファーマ、連邦倒産法第11章申請を検討か。オピオイド汚染問題

Facebook Twitter Google+

 米オピオイド系医薬品大手パーデュー・ファーマは、巨額の賠償金が発生する恐れがあるとして、連邦破産法第11章の適用申請を検討している模様。欧米メディアが3月4日、一斉に報じた。オピオイド系鎮痛剤に対しては、過剰処方や乱用で33,000人以上が死亡するなど社会問題となっている。 【参考】【アメリカ】オピオイド系薬剤の過剰処方や乱用で33,000人以上が死亡。諮問委員会報告(2017年12月2日) 【参考】【カナダ】オピオイド関連死が増加 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】トイレの寄付で命を救う。アメリカン・スタンダード社のFlush for goodキャンペーン

Facebook Twitter Google+

現在、世界中で25億人もの人々がトイレなどの十分な衛生設備がない環境下で暮らしており、毎日約2000人もの子供たちが不衛生を原因とする病気で命を落としているという事実をご存じだろうか? この事実を知り、2013年から問題解決に動き出したのが、米国の大手トイレタリー会社、アメリカン・スタンダード社だ。同社は不十分な衛生環境下で暮らすバングラディシュの人々に対し、彼らの生活環境を向上させ、不衛生な排泄環境が引き起こす感染症の防止に向けて衛 [...]

» 続きを読む

【アフリカ】コカ・コーラ、アフリカで医薬品を供給する「ラストマイル・プロジェクト」を10ヶ国へ拡大

Facebook Twitter Google+

米コカ・コーラ社は6月23日、USAID(United States Agency for International Development:米国国際開発庁)、世界エイズ・結核・マラリア対策基金、そしてBill & Melinda Gates Foundation(ビル&メリンダ財団)と共に、医療インフラが整っていない地域に住む人々に対して、自社の物流やサプライチェーンを活用して医薬品や医療用品を届ける「ラストマイル・プロジェクト」 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】富士フイルム、オレゴン州にて乳がん検診に関する教育シンポジウムを主催

Facebook Twitter Google+

女性の乳がんを早期発見するための検診方法の一つにマンモグラフィー検診(乳房をX線撮影する診断方法)がある。しかし、ACRIN(American College of Radiology Imaging Network)によれば、マンモグラフィー検診を受ける女性の40%は、乳腺密度が高いという。乳腺密度が高い女性はレントゲン画像に乳腺が白く映ってしまい、検査で乳がんを発見するのは困難になるとされている。 画像診断技術のリーディングカンパ [...]

» 続きを読む

【ヨルダン】HikmaがCredit360のサステナビリティ測定ツール採用を決定

Facebook Twitter Google+

ヨルダンの医薬品メーカーHikma Pharmaceuticals社は、自社のサステナビリティ評価の測定ツールとして英国Credit360の情報管理ソフト「Credit360system」を採用することを決定した。 Credit360systemはすでに高く評価されており、現在、ハイネケンなど大手企業がすでに活用している。世界各国に生産拠点を持つHikma Pharmaceuticalsにとって、エネルギー使用量、労働慣行、二酸化炭素 [...]

» 続きを読む
2014/02/28 最新ニュース

【アメリカ】拡大するEli Lillyのレポーティング・バウンダリー

Facebook Twitter Google+

グローバル製薬会社のEli Lilly and Company(本社:アメリカ)は、サスティナビリティレポートを発表した。 本レポートには、同社が2012〜2013年にかけて実行してきたサスティナビリティについて記されている。主な成果として挙げられているのは、まず、2012年から2016年からにかけて、発展途上国での非伝染病対策に3千万ドルの寄付を公約。Eli Lilly and Companyが得意とする結核薬ノウハウを応用し、多剤 [...]

» 続きを読む
2014/02/10 最新ニュース

【オーストラリア】CSLが難病に対する17の新製品認可を1年間で獲得

Facebook Twitter Google+

バイオ医薬品メーカーの世界大手・オーストラリアのCSLが、2013年度のサステナビリティレポートを発表し、1年間の成果を報告した。CSLは製薬業界の中でも、主に難病を対象とするバイオ医薬品を扱っている。主要拠点は本社のあるオーストラリアの他、ドイツ、スイス、アメリカにある。世界25カ国で事業活動を行い、従業員数はグループ全体で約11000人。同社がレポートの中で報告している重要トピックスとしては、 重病に対する17の新製品の認可を獲得 [...]

» 続きを読む
2014/02/01 最新ニュース

【スイス】ノバルティス財団がハンセン病撲滅のための新たな戦略を発表

Facebook Twitter Google+

スイスのノバルティス持続可能開発財団が11月29日に開催された自社シンポジウムの中で、ハンセン病撲滅に向けた新たなアプローチを発表した。「ハンセン病撲滅のために一体何が必要か」を掲げたシンポジウムには、各国から集った専門家が意見を交わした。その中で、ノバルティス持続可能開発財団は、ハンセン病撲滅の新戦略として、早期診断・早期治療、元ハンセン病患者との接触者把握などを掲げた。ノバルティス持続可能開発財団により、1981年以降1500万人 [...]

» 続きを読む
2013/12/25 最新ニュース
ページ上部へ戻る