private 【日本】OIE、日本の豚熱「清浄国」地域を停止。豚コレラ・ワクチン接種で。輸出に悪影響

Facebook Twitter Google+

 国際獣疫事務局(OIE)は9月2日、日本に与えていた家畜伝染病「豚熱(CSF)」の感染が確認されていない国を示す「清浄国」の地位を一時停止する措置を決定した。2018年に豚コレラが発生した際に、感染拡大が止まらず、農林水産省は2019年10月、豚へのワクチン接種を判断。これにより、「清浄国」の地位を喪失するとの判断が下された。 【参考】【日本】農水省、豚コレラ防疫指針を改定。都道府県知事判断での予防的ワクチン接種を許容。同省が地域指 [...]

» 続きを読む

private 【国際】アフリカ豚熱、51ヶ国に感染拡大。養豚事業に大きな損害。FAOとOIEが国際イニシアチブ発足

Facebook Twitter Google+

 国際獣疫事務局(OIE)と国連食糧農業機関(FAO)は7月20日、アフリカ豚熱ウイルスの対策のための国際イニシアチブを発足したと発表した。アフリカでは近年、豚に対する致死率100%をほこるアフリカ豚熱(ASF)が流行しており、大量の豚が絶命。経済的な損害も大きくなっている。ASFに対するワクチンはまだ開発されていない。  ASFの発症はすでに51カ国で確認されており、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】FAO、アジア太平洋地域の水産養殖の薬剤耐性(AMR)問題で対策強化

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)は9月4日、養殖業での薬剤耐性(AMR)問題への対策として、Network of Aquaculture Centres in Asia-Pacific (NACA)と共同で、アジア太平洋地域の各国政府や水産業専門家らとともに薬剤耐性リスク評価を実施するとともに、監視ガイドラインの整備を行うと発表した。  世界での水産資源の需要が増加する中、魚介類の養殖は欠かせないものになってきている。養殖業は過去40年間 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る