【日本】関西電力と丸紅、秋田港石炭火力発電所の建設着工を延期。東北電力は能代3号機の試運転開始

Facebook Twitter Google+

 関西電力子会社の関電エネルギーソリューションと丸紅は8月6日、秋田市飯島に予定していた石炭火力発電所「秋田港発電所」の着工を先送りにした。今月着工を予定していた。石炭火力発電に対する世界的な逆風を理由とした。  同発電所は、設備容量650MWを2基建設する計画。環境アセスメント時の文書の中で2019年8月としていた。2024年の運転開始を目指している。二酸化炭素排出係数は、0.76kg/kWhと非常に高い。  一方、東北電力は8月7 [...]

» 続きを読む

【日本】東急電鉄、日本初再エネ100%鉄道路線を誕生。世田谷線が通年・全列車で

Facebook Twitter Google+

 東京急行電鉄(東急電鉄)は3月25日、同日から世田谷線を再生可能エネルギー100%で運行すると発表した。都市型鉄道における通年・全列車の再エネ100%運行は日本初。これにより、年間1,263tの二酸化炭素排出量を削減できる。  今回の取り組みでは、東北電力グループの大越水力発電所と松川地熱発電所の電力を、東急パワーサプライが小売電気事業者として供給を受け、東急電鉄に「再生可能エネルギー電気需給契約」を用いて販売する。メニュー別排出係 [...]

» 続きを読む

【日本】東北電力、ベトナム・ギソン2石炭火力発電事業に出資。NGOからの批判の強い案件

Facebook Twitter Google+

 東北電力は3月22日、ベトナムの「ギソン2石炭火力発電事業」を保有する事業会社ギソン2パワーの株式10%を丸紅から取得すると発表した。これによりギソン2パワーの出資比率は、韓国電力公社50%、丸紅40%、東北電力10%となる。同発電所は、超々臨界圧(USC)ではない超臨界圧(SC)の石炭火力発電所。石炭火力発電所の中でも、SCに対してはさらに批判が強く、環境NGOも同発電所建設の中止を求めている。今回のディールにより、丸紅は出資比率 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る