private 【EU】EIB、2021年末から化石燃料への融資を全面禁止。ガスにもノー。気候変動配慮。世銀に続く

Facebook Twitter Google+

 EUの欧州投資銀行(EIB)理事会は11月14日、2021年末から化石燃料エネルギーに対する融資を禁止するエネルギー融資ポリシーを採択した。パリ協定との整合性を考慮し、エネルギー分野では、再生可能エネルギー、省エネ、クリーンエネルギー・イノベーションの分野に完全に舵を切る。また2020年から2030年までに気候変動を含む環境サステナビリティ分野に1兆ユーロ(約120兆円)をファイナンスする目標も設定した。  EUでは11月8日、EU [...]

» 続きを読む

private 【EU】EIB、エネルギー融資ポリシー改定案発表。EU域内で化石燃料関連へのファイナンスを禁止

Facebook Twitter Google+

 欧州投資銀行(EIB)は7月26日、エネルギー融資ポリシー案について1月から3月まで実施したパブリックコメントの結果を公表した。EIBは、EUで進める気候変動政策を後押しするため、2013年に策定したエネルギー融資ポリシーを改定。気候変動を大幅に考慮した内容にしようとしている。  発表した案では、 (さらに…)

» 続きを読む

【EU】欧州委、EIB、Breakthrough Energyの3者、革新的なCO2削減技術保有企業へのVCファンド設立

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会、欧州投資銀行(EIB)と、ビル・ゲイツ氏らが設立したファンド会社Breakthrough Energy Coalitionのベンチャー投資ファンド「Breakthrough Energy Ventures」は5月29日、革新的なクリーンエネルギー技術を持つ欧州企業への投資を行うためのファンド「Breakthrough Energy Ventures Europe(BEV-E)」を新たに設立した。EIBとBreakthro [...]

» 続きを読む

【東南アジア】ASEANで1100億円の環境インフラ融資プログラム発足。ADB、EIB、KfW等参加

Facebook Twitter Google+

 ASEAN、アジア開発銀行(ADB)や大手金融機関は4月4日、東南アジア域内のグリーンインフラ国家プロジェクトに融資や技術支援を行う10億米ドル(約1,100億円)のクレジット・ファシリティ「ASEAN Catalytic Green Finance Facility」を設定したと発表した。  10億米ドルのうち、ADBが3億米ドル、ドイツ復興金融公庫(KfW)が3億ユーロ、欧州投資銀行(EIB)が1.5億ユーロ、フランス開発庁(A [...]

» 続きを読む

【EU】EIB、KfW、AFD、海洋プラスチック対策でファイナンス・イニシアチブ発足。2600億円規模

Facebook Twitter Google+

 欧州投資銀行(EIB)、ドイツ復興金融公庫(KfW)、フランス開発庁(AFD)は10月12日、世界の海洋汚染緩和に向けたプロジェクトを支援する5年間のイニシアチブ「Clean Oceans Initiative」を発足した。20億ユーロ(約2,600億円)のファイナンスを提供するとともに民間投資も呼び込む。海洋プラスチックを主要な対象としつつ排水改善も対象とに含める。地域的にはアジアの発展途上国の河川及び沿岸部を優先する。  同イニ [...]

» 続きを読む

【国際】世界グリーンボンド・パートナーシップ発足。世銀、欧州投資銀、イクレイ、アムンディ等

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループ(WBG)及び国際金融公社(IFC)、欧州投資銀行(EIB)、イクレイ(ICLEI)、アムンディ、Ceres、気候債券イニシアチブ(CBI)、Low Emissions Development Strategies Global Partnership(LEDS GP)、世界気候エネルギー首長誓約(GCoM)は9月14日、地方公政府や企業によるグリーンボンド発行を促進するための新たなイニシアチブ「Global Gre [...]

» 続きを読む

【EU】欧州投資銀行、サステナビリティボンド「Sustainability Awareness Bond」を約640億円発行

Facebook Twitter Google+

 欧州投資銀行(EIB)は9月6日、国連持続可能な開発目標(SDGs)に資するプロジェクトへのファイナンスを使途とする同行初のサステナビリティボンド「Sustainability Awareness Bond」を5億ユーロ(約640億円)発行すると発表した。クーポン0.375%。償還日2026年5月15日。ルクセンブルク証券取引所上場。共同主幹事は、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ、コメルツ銀行、クレディ・アグリコル、ウニクレディ [...]

» 続きを読む

【オランダ】ラボバンクと欧州投資銀行、環境優良企業への低金利融資枠を320億円拡大

Facebook Twitter Google+

 オランダ金融大手ラボバンクと欧州投資銀行(EIB)は7月27日、オランダの従業員3,000以下の企業のうち、環境パフォーマンスの優れた企業に対する低金利ローン「インパクト・ローン」の規模を拡大すると発表した。2.5億ユーロ(約320億円)分融資枠を拡大する。  インパクト・ローンでは、通常金利より0.3%から0.7%幅の金利がディスカウントされる。ディスカウント分はEIBが負担する。ラボバンクとEIBはすでに3.5億ユーロ(約450 [...]

» 続きを読む

【EU】欧州投資銀行の自然資本金融ファシリティ、新たに4億ユーロの資金を自然資本分野に投融資

Facebook Twitter Google+

 欧州投資銀行(EIB)は5月28日、同行と欧州委員会による自然資本分野への資金動員制度「自然資本金融ファシリティ(NCFF)」で、新たに4億ユーロ(約510億円)のイニシアチブを設定した。環境インフラの強化、生物多様性保護、気候変動適応等の分野に投融資する。NCFFは3年前に設定され、すでに12カ国で初期のパイロットプロジェクトを展開している。  NEFFの資金提供は、EIBによる融資と出資参加と同時に約4倍までの民間金融機関等によ [...]

» 続きを読む

【国際】英気候変動シンクタンクE3G、国際開発銀行6行の気候変動投融資を分析したレポート発表

Facebook Twitter Google+

 英気候変動シンクタンクE3Gは5月9日、国際開発銀行(MDB)の事業について気候変動への対応状況を分析したレポート「Banking on reform」を発行した。分析対象は、世界銀行(WB)グループ、アフリカ開発銀行(AfDB)、アジア開発銀行(ADB)、欧州復興開発銀行(EBRD)、欧州投資銀行(EIB)、米州開発銀行(IDB)の6つ。  国際開発銀行は、リスク資本を提供し、長期的な戦略投資を行う世界の要。各行は、パリ協定や国連 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る