private 【日本】NEDO、グリーンイノベーション基金の第1号案件採択。水素関連で11件。ENEOS等

Facebook Twitter Google+

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は8月26日、日本政府が2021年度第3次補正予算で決定し、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)に造成した2兆円の「グリーンイノベーション基金」で、第1号の採択案件を発表した。 【参考】【日本】経産省、2兆円グリーンイノベーション基金の運営基本方針策定。4月以降に公募開始(2021年3月14日)  今回の採択ではまず、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ドイツ】リンデ、インフィニオン・テクノロジーズとグリーン水素供給の長期契約締結。半導体製造で活用

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手英リンデと独半導体大手インフィニオン・テクノロジーズは8月18日、グリーン水素供給に関する長期契約を締結したと発表した。インフィニオン・テクノロジーズの半導体製造工程で、リンデ供給のグリーン水素を活用する。  リンデは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】ダウ、単一ポリエチレン素材の食品パッケージ開発に成功。オランダ工場は2030年にCO2を40%減

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手ダウは7月15日、ポリエチレン単一素材のハイバリア包装フィルムの開発に成功したと発表した。シンテゴン、Comexi、Ticinoplast、Plastchim-Tとの共同開発で、高品質のままリサイクル性を高めた。プラスチックのサーキュラーエコノミー化の一環。  同フィルムは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【韓国】リンデと暁星重工業、蔚山に液化水素プラント建設・運営で合弁設立。FCV向けに日量30t

Facebook Twitter Google+

 ガスエンジニアリング大手英独リンデ・エンジニアリングと韓国化学大手・暁星重工業は2月4日、韓国での液化水素プラント建設・運営のため、合弁で水素生成「リンデ・ハイドロジェン」と水素販売「曉星ハイドロジェン」の2社を設立すると発表した。韓国の2050年二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)の達成を支援する。  リンデ・エンジニアリングと暁星重工業は2020年4月、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ヨーロッパ】英ガス大手5社、ガスから水素への大規模シフト構想発表。三菱重工はドイツでの水素生産に参画

Facebook Twitter Google+

 英ガス大手5社は1月21日、2030年までに英国で大規模な水素供給ネットワークを建設する構想を発表した。ガス資源を供給していた大手企業が、連携して、ガスから水素へのシフトを図る。  英国ではジョンソン首相が2020年11月、新型コロナウイルス・パンデミックからの経済復興と気候変動対応を融合させる「グリーンリカバリー」政策の重点施策として「首相10ポイント・アクションプラン」の一つとして、水素の促進を掲げており、ガス大手として英政府の [...]

» 続きを読む

private 【フランス】エアバス、燃料電池駆動プロペラ6基搭載の新コンセプトモデル発表。研究進める

Facebook Twitter Google+

 航空機世界大手仏エアバスは12月15日、2035年までに商業実用化させることを目指すゼロエミッション民間航空機のコンセプトモデル「ZEROe」で、新たな機種モデルを発表した。今回発表のモデルは、燃料電池(FC)駆動のプロペラを6基搭載している。  同社は9月に「ZEROe」を発表し、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】燃料電池航空機開発ゼロアビア、35億円の資金調達に成功。英政府からも17億円支援獲得

Facebook Twitter Google+

 水素燃料電池航空機開発スタートアップの米英ゼロアビアは12月16日、ビル・ゲイツ氏等が2016年に設立したBreakthrough Energy Coalition(BEC)のファンド「Breakthrough Energy Ventures(BEV)」が中心となった資金調達ラウンドで、合計3,340万米ドル(約35億円)の出資を受けたと発表した。別途、英政府も1630万米ドル(約17億円)の支援も得た。  ゼロアビアは、 (さらに [...]

» 続きを読む

【ドイツ】シーメンスとドイツ鉄道、水素列車の試験運用発表。2024年にディーゼル列車から

Facebook Twitter Google+

 重工業世界大手独シーメンス傘下の鉄道事業シーメンス・モビリティとドイツ鉄道は11月23日、ドイツ・テュービンゲン周辺地域で2024年から1年間、同社初となる燃料電池列車「ミレオ・プラスH」と水素ステーションの試験運用を行うプロジェクト「H2goesRail」を発表した。二酸化炭素排出量削減のため、従来のディーゼル列車からの切り替えを試みる。  独バーデン・ヴュルテンベルク州政府は、同プロジェクトを支援。独連邦交通デジタルインフラ省( [...]

» 続きを読む

private 【韓国】総選挙で文在寅大統領の与党圧勝。アジア初の2050年カーボンニュートラル法制定へ

Facebook Twitter Google+

 韓国で4月15日、総選挙が実施され、文在寅大統領を擁立する与党の「共に民主党」と、比例政党である「共に市民党」が合わせて180議席を獲得。総議席数300のうち6割を占める与党圧勝となった。共に民主党は3月16日、「グリーン・ニューディール公約」を打ち出しており、今回与党が圧勝したことで同政策が実現する見込みとなった。  韓国では、公職選挙法で、小選挙区で多数を占める政党が比例代表区では不利になると見られたことから、与野党ともに比例政 [...]

» 続きを読む

private 【日本】経産省、「水素・燃料電池戦略ロードマップ」策定。具体的なコスト削減目標設定

Facebook Twitter Google+

 経済産業省の水素・燃料電池戦略協議会は3月12日、水素基本戦略及び第5次エネルギー基本計画で掲げた目標の達成に向け、新たな「水素・燃料電池戦略ロードマップ」を策定した。基本戦略で掲げた目標を達するためのKPIとして、基盤技術毎のスペックとコスト内訳の目標を設定した。同時に進捗状況をチェックするための有識者による評価WGも設置した。 【参考】【日本】政府、「水素基本戦略」決定。褐炭をCCSでCO2フリー化する水素製造技術が柱か(201 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る