【国際】WBCSD、化学製品の環境フットプリント測定のためのガイドラインを公表

Facebook Twitter Google+

WBCSD(The World Business Council for Sustainable Development:持続可能な開発のための世界経済人会議)は10月1日、化学業界に関わる顧客やステークホルダーが、より十分かつ信頼できる情報を基にして持続可能な選択をできるように、新たなガイドライン”Life Cycle Metrics for Chemical Products(化学製品のためのライフサイクル測定法)”を作成したと発 [...]

» 続きを読む

【国際】ソーシャルインパクト測定分野の二大組織が合併、世界最大のネットワークが誕生

Facebook Twitter Google+

ソーシャルインパクト測定の分野で最も影響力を持つ2つの組織、Social Impact Analysts Association(以下、SIAA)とSROI Networkは9月11日、社会価値の創造に向けた世界最大のネットワーク組織、Social Value Internationalとして合併すると発表した。 今回の合併により、英国に本拠を置くSROI NetworkはSocial Value UK、そしてSIAAはSocial [...]

» 続きを読む

【ドイツ】BASF、自社の製品ポートフォリオをサステナビリティの観点から分析

Facebook Twitter Google+

世界最大級の化学企業であり、サステナビリティ先進企業としても有名なBASFは9月10日、サステナビリティ・ソリューション・ステアリングと呼ばれる独自の手法を用いて自社の製品ポートフォリオを分析した結果、分析済の製品のうち20%以上が同社および顧客のサステナビリティに大きく貢献していることが分かったと発表した。 BASFは同手法を用いて過去3年間で既に約50,000の製品群のうち80%以上の分析を終えており、各製品が健康面や安全面、コス [...]

» 続きを読む

【オランダ】グローバル企業ら12社、新たに製品単位のソーシャルインパクト測定メソッドを開発

Facebook Twitter Google+

サプライチェーンや製品ライフサイクルがグローバルに拡大し、より複雑化している現在においては「透明性の向上」「ソーシャルインパクト測定」といったテーマがグローバル企業にとっての新たな優先課題となっている。そのため、自社のサプライチェーンや製品ライフサイクルに潜むリスクや改善の機会を見つけ出すための優れたツールの必要性も高まってきている。 そのような背景をもとに、オランダのサステナビリティコンサルティング会社PRé Sustainabil [...]

» 続きを読む

【アメリカ】LG電子、テレビで初となるGREENGUARD認証を取得

Facebook Twitter Google+

LG Electronics USA(米国LG電子)は8月27日、LGの最新OLEDテレビ(55EC9300モデル)が、UL Environmentからテレビ業界では世界初となるGREENGUARD認証を受けたと発表した。UL Environmentは、製品安全規格に関する第三者認証機関UL(Underwriters Laboratories:米国保険業者安全試験所)にて環境に関する評価を実施している部門。 GREENGUARD認証は [...]

» 続きを読む

【アメリカ】第三者認証のSCS、Recycled Content Certification Standardを更新

Facebook Twitter Google+

サステナビリティ・環境分野における第三者認証・監査のリーディングカンパニーSCS Global Service(以下、SCS)は8月22日、同社のRecycled Content Certification基準をバージョン7.0に更新したと発表した。 SCSのRecycled Content Certificationプログラムは1990年以降、製造企業の天然資源保護へのコミットメントやサステナビリティ目標の設定、リサイクル製品の納入 [...]

» 続きを読む

【国際】2014年のダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス評価結果が発表

Facebook Twitter Google+

S&P Dow Jones IndicesおよびスイスのRobecoSAMは9月11日、2014年のDow Jones Sustainability Indices(ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス、以下DJSI)の評価結果を公表した。DJSIは世界で最も信頼性の高いグローバル・サステナビリティ指標の一つだ。世界34カ国、59の産業にわたる時価総額大手2500社の中から経済・社会・環境の3要素を基に企業のサステナビリテ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】Source Intelligence社、腐敗防止のためのSaaSソリューションを提供

Facebook Twitter Google+

2014年のFCPA(Foreign Corrupt Practices Act:海外腐敗行為防止法)中間報告によれば、FCPAの執行機関であるDOJ(U.S. Department of Justice:米国司法省)およびSEC(U.S. Securities and Exchange Commission:米国証券取引委員会)は2014年の上半期だけで15の汚職(うち3つの罰金の総額は4億9,400万ドルに上る)を強制処分している [...]

» 続きを読む

【インド】電子製品の環境評価システムEPEAT、ついにインドに進出

Facebook Twitter Google+

電子製品に関するグローバルな環境評価システムが、ついにインドにもやってきた。インド工業連盟(The Confederation of Indian Industry、以下CII)のCentre of Excellence for Sustainable Development(CESD)は7月23日、デリーで行われたGreen Electronics Councilとの共催イベントで、同団体が推進している電子製品に関する国際的な環境評 [...]

» 続きを読む

【カナダ】SPONSORIUM、航空業界のスポンサーシップ・コミュニティ投資トレンドを発表

Facebook Twitter Google+

近年、企業によるスポンサーシップ活動が世界中で拡大し続けているが、特に航空業界でその傾向が顕著なようだ。スポンサーシップとは、企業やブランドが売上向上やブランド認知向上を目的として特定のイベントや活動に対し資金やリソースを提供することを指す。 カナダのSPONSORIUM社が毎月発行している「SPONSORIUM Report」の最新5月号によれば、航空業界の主要ブランドによるコミュニティ投資活動の量はここ2年で39%も増加したとのこ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る