private 【アフリカ】アフリカ開銀、新型コロナ対策でソーシャルボンド3300億円発行。発行額史上最大

Facebook Twitter Google+

 アフリカ開発銀行(AfDB)は3月27日、新型コロナウイルス・パンデミック対策を資金使途とするソーシャルボンドを30億米ドル(約3,300億円)発行した。年限3年。信用格付AAA。金利0.75%。発行額はソーシャルボンドとして史上最大。  アフリカでは45カ国で感染者数が3,000人を超え、急速に拡大している。医療分野への対策だけでなく、ロックダウンに備え、食糧や物流、経済対策に関する資金も今後必要になることが見込まれている。  ア [...]

» 続きを読む

【アフリカ】アフリカ開発銀行、グリーン銀行創設構想を発表。再エネ投資を加速

Facebook Twitter Google+

 アフリカ開発銀行(AfDB)は10月14日、世界銀行の気候投資基金(CIF)と協働で、アフリカでのグリーン銀行及び国家気候変動基金の創設に向けた調査研究を開始した。グリーンファイナンスの国際イニシアチブCoalition for Green Capital(CGC)に調査研究を委託した。  CGCは今後、アフリカ6ヶ国と協働し、再生可能エネルギー整備にファイナンスするための、グリーン銀行及び国家気候変動基金の創設に向けたフィージビリ [...]

» 続きを読む

【アフリカ】アフリカ開発銀行、気候変動適応金融支援プログラム承認。公的パラメトリック保険整備等

Facebook Twitter Google+

 アフリカ開発銀行(AfDB)は10月29日、同機関初となる気候変動リスクマジメント・プログラム「Africa Disaster Risks Financing(ADRiFi)」を承認した。アフリカ各国政府が、国レベル及び地域レベルでの気候変動リスクと適応に必要なコストを評価できるよう支援し、必要なファイナンスを提供する。第1フェーズでは2019年から2023年までの期間とする。  今回のプログラムでは、気候変動への脆弱性が高い小規模 [...]

» 続きを読む

【アフリカ】アフリカ開発銀行、民間融資債権10億米ドルを証券化。国際開発銀行では世界初

Facebook Twitter Google+

 アフリカ開発銀行(AfDB)は10月14日、民間融資債権10億米ドル(約1,100億円)をシンセティック型証券化(synthetic securitization)し、機関投資家に販売した。国際開発銀行が、融資債権を証券化するのは今回が世界初。世界最大のインパクト投資ファンドが誕生したと呼ぶ声もある。組成したのは、みずほフィナンシャルグループの英国子会社みずほインターナショナル。  今回証券化するのは、再生可能エネルギープロジェクト [...]

» 続きを読む

【アフリカ】アフリカ開発銀行、2020年までに2930万人に電力届ける計画発表。太陽光発電主体

Facebook Twitter Google+

 アフリカ開発銀行(AfDB)は1月29日、モーリタニアからエリトリアまでのサヘル地域(サハラ南縁諸国)で2020年までに新たに2,930万人が電力アクセスできるようにすると発表した。アキンウミ・アデシナ総裁が、エチオピアで開催された国連アフリカ経済委員会会合で話した。アフリカ開発銀行は、「電力アクセス」「飢餓」「工業化」「経済圏統合」「生活の質改善」の5つを「High 5」と呼び、重点領域に定めている。  電力アクセスで政策の要とな [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る