【デンマーク】国営DONG Energy、オーステッドに社名変更。石油ガス事業の全売却完了

Facebook Twitter Google+

 デンマークの国営電力会社DONG Energyは10月2日、社名を「Ørsted(オーステッド)」に変更すると発表した。株主の承認を得るため、10月30日に臨時株主総会を開催する。  社名変更の背景には、同社の事業ポートフォリオの大幅な変更がある。現社名「Dong」は、Danish Oil and Natural Gas(デンマーク石油・天然ガス)の頭文字を取り命名されたが、同社は過去十数年、再生可能エネルギーの分野に大幅に投資する [...]

» 続きを読む

【ドイツ】洋上風力発電3件で補助金ゼロ受注が成立。補助金不要には時期尚早の声も

Facebook Twitter Google+

 今年4月にドイツで初めての洋上風力発電所建設プロジェクト4件の入札が行われ、デンマークのDong Energyが3件、ドイツのEnBWが1件の建設権を受注した。このうち、Dong Energyの2件とEnBWの1件が、再生可能エネルギー補助金ゼロでの受注をしたことが話題を呼んでいる。  Dong Energyが受注したのは、OWP West地区(設備容量240MW)、Borkum Riffgrund West 2地区(240MW)、 [...]

» 続きを読む

【デンマーク】国営電力DONG Energy、2023年までの石炭火力発電100%停止とバイオマス発電への転換を決定

Facebook Twitter Google+

 デンマークの国営電力会社DONG Energyは2月2日、2023年1月1日までに石炭を用いた火力発電を停止することを決定した。石炭は現在世界で最も使用されている電力源で約40%を担っているが、最も二酸化炭素を排出するエネルギー源でもある。DONG Energyは、今回の意思決定の理由について、持続可能なエネルギー社会を推進するためとしている。時期を定めた石炭火力発電の停止を打ち出したのは、欧州エネルギー大手の中で同社が初めて。   [...]

» 続きを読む

【デンマーク】DONG Energy、イギリス・オランダで巨大洋上風力発電の建設を拡大

Facebook Twitter Google+

 デンマークの国営電力会社DONG Energyは8月16日、英国がイギリス東部ヨークシャー沖に建設している巨大洋上風力発電所プロジェクト「Hornsea Project Two」において、英国ビジネス・エネルギー・産業戦略大臣から建設の同意を得たと発表した。  「Hornsea Project Two」はすでに同社が手掛けることが決定している「Hornsea Project One」の西側で、ヨークシャー沖89km、面接約400平方 [...]

» 続きを読む

【イギリス】世界最大規模風力発電所、最終投資を意思決定。設備容量1.2GW

Facebook Twitter Google+

 イギリス沖で世界最大規模の洋上風力発電所プロジェクトが展開されている。設備容量は1.2GW。東日本大震災前の福島第一原子力発電所の設備容量が約4.7GW、再稼働した九州電力の川内原子力発電所の設備容量は1.78GW。1.2GWの設備容量がどれほど大きい規模か想像に固くない。もちろん、常時安定出力が可能な原子力発電所と異なり、風力発電所の実際に発電能力はそれに大きく劣るが、海外では再生可能エネルギーへの投資が今も続いている。  この発 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る