private 【韓国】LG化学、韓国初のISCC+認証取得。再生バイオプラスチックで製品生産へ。サーキュラー

Facebook Twitter Google+

 韓国化学大手LG化学は4月19日、国際サーキュラーエコノミー認証「国際サステナビリティ・カーボン認証プラス(ISCC+)」を韓国内として初めて取得したと発表した。ISCC+は、フィードストック型のケミカルリサイクル向けに開発された認証。  同社が今回ISCC+認証を取得したのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【韓国】LGとSK、EVバッテリーを巡るITC訴訟で和解合意。SKが2000億円支払い

Facebook Twitter Google+

 LGエナジー・ソリューションとSKイノベーションは4月11日、電気自動車(EV)バッテリー知的財産権に関する係争で、SKイノベーションが2兆ウォン(約2,000億円)をLGエナジー・ソリューションに支払う和解で合意したと発表した。LGエナジー・ソリューションは、LG化学からスピンオフした同社のバッテリー子会社。 【参考】【アメリカ】ITC、SKイノベーションのリチウム・バッテリー輸入を10年間禁止。LG化学が提訴(2021年2月24 [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】ITC、SKイノベーションのリチウム・バッテリー輸入を10年間禁止。LG化学が提訴

Facebook Twitter Google+

 米国際貿易委員会(ITC)は2月10日、電気自動車(EV)バッテリーを巡る、LG化学とSKイノベーションの係争に関し、SKイノベーションのEVバッテリーを米国内に輸入することを制限する最終決定を下した。LG化学側が2019年6月、SKイノベーションがLG化学の企業機密を不適切に入手したとして訴えていた。  ITCの決定では、 (さらに…)

» 続きを読む

【韓国・台湾】SK、LG化学、現代自動車、鴻海、EVとFCVで大規模投資。急変する世界市場に焦点

Facebook Twitter Google+

 韓国と台湾の製造業大手は2020年末から2021年初旬にかけ、EVとFCVの分野に急速に舵を切る新アクションの発表を実施。EVとFCVへの完全転換に尻込みする日本の自動車産業とは対照的な展開となっている。  韓国大手財閥SKグループと米燃料電池(FC)開発大手プラグ・パワーは1月6日、戦略的提携を発表した。SKグループがプラグ・パワーに15億米ドル(約1,520億円)出資して株式を9.9%獲得し、最大株主となった。両社は韓国にアジア [...]

» 続きを読む

private 【韓国】LG化学、ネステのバイオプラ素材活用で戦略的提携締結。原油使用量を削減

Facebook Twitter Google+

 フィンランド石油化学大手ネステと韓国石油化学大手LG化学は11月5日、バイオプラスチックの分野で長期的な戦略的提携を締結したと発表した。ネステが業界を牽引してきたバイオポリマーやバイオ化学素材を、LG化学を通じて韓国市場に供給していく。  バイオプラスチックは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】GM、EV新型バッテリーUltium発表。航続距離960km。LG化学との合弁で生産

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手米GMは3月4日、電気自動車(EV)の新型バッテリー「Ultium」を発表した。同バッテリーは、韓国LG化学との合弁会社で生産。コンパクトカーや高級車、業務用トラック等、幅広い車種で採用するとした。  Ultiumは、垂直または水平に積み重ねることが可能なパウチ式のバッテリーセルを採用。車両ごとに最適な蓄電とレイアウトで設計できるとした。また、同バッテリーの蓄電容量は50kWhから200kWh。200kWhのUltiu [...]

» 続きを読む

【国際】CDP、化学世界大手22社の気候変動対応ランキング公表。日本トップは住友化学の6位

Facebook Twitter Google+

 国際的な気候変動情報開示推進NGOのCDPは10月5日、世界大手化学企業22社の気候変動対応状況をまとめたレポート「Catalyst for change」を発表し、22社のランキングを公表した。対象となった22社の時価総額合計は6,500億米ドル(約73兆円)、年間の二酸化炭素排出量は2億7,600万tで、化学業界全体の排出量の4分の1を占める。CDPの分析によると、化学業界は改善を重ねてはいるが、パリ協定で定めた気温上昇を2℃以 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る