【アメリカ】CRマガジン「企業市民ベスト100社」2017年版発表。1位は玩具メーカーのハズブロ

Facebook Twitter Google+

 米サステナビリティ雑誌「CRマガジン」は4月20日、米国の大手企業のサステナビリティ・ランキング「100 Best Corporate Citizens(企業市民ベスト100社)」の2017年度ランキングを発表した。同ランキングの発表は今年で18回目。評価対象は米国市場の時価総額上位1,000社で構成される「ラッセル1000」銘柄企業。環境、気候変動、雇用関係、人権、コーポレートガバナンス、慈善活動・コミュニティ支援、財務の7カテゴ [...]

» 続きを読む

【国際】2017年版「世界で最も倫理的な企業」、世界124社が選出。日本は花王の1社

Facebook Twitter Google+

 企業倫理の普及に務める米団体のエシスフィア・インスティテュートは3月13日、2017年度版「世界で最も倫理的な企業(World’s Most Ethical Companies)」を発表した。今年度の選出企業は19ヶ国124社。日本企業では唯一、花王が入った。  エシスフィア・インスティテュートは、2007年より毎年「世界で最も倫理的な企業」リストを発表している。企業の選出では、同社の独自評価手法であるEthics Quotient [...]

» 続きを読む

【国際】コンシューマー・グッズ・フォーラム、「ヘルス&ウェルネス2017報告書」発表

Facebook Twitter Google+

 主要食品・消費財メーカーや小売店が加盟する国際的な業界団体コンシューマー・グッズ・フォーラム(CGF)は3月9日、加盟企業による2016年の取組成果をまとめた報告書「ヘルス&ウェルネス進捗報告書」を発表した。同報告書の発表は今年で4回目。CGFがミッションとして掲げる健康に配慮した製品含有物の変更(Product Reformulation)では、商品約18万の商品で含有物の変更が行われた。報告書の作成は、CGFと米コンサルティング [...]

» 続きを読む

【国際】2017年版「BPエネルギー予測(Energy Outlook)」発行

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手の英BPは1月25日、2017年版「BPエネルギー予測(BP Energy Outlook)」を発行した。「BPエネルギー予測」は、2015年から2035年までの世界のエネルギートレンドを俯瞰した報告書で、毎年発行されている。この報告書は、国際エネルギー機関(IEA)の「世界エネルギー予測(World Energy Outlook)」とともに、エネルギー業界の現状と予測を知る報告書として幅広く活用されている。  報 [...]

» 続きを読む

【国際】世界経済フォーラム、グローバルリスク報告書2017年度版を公表

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は1月17日、年次総会(通称ダボス会議)の場で「グローバルリスク報告書2017」を発表した。世界経済フォーラムは毎年ダボス会議のタイミングに合わせてこの「グローバルリスク報告書」を発表しており今回が12回目。  報告書の作成では、まず世界経済フォーラムの専門家メンバー約750名に対しアンケート調査「Global Risks Perception Survey(GPRS)」を実施し、その結果をもとに集計を行 [...]

» 続きを読む

【イギリス】英国王室領管理法人、2017年事業報告書を発行。統合報告の模範として注目集める

Facebook Twitter Google+

 英国王室領を管理する公益法人Crown Estateは1月9日、2017年の事業報告書「Total Contribution Report」を発表した。Crown Estateは、ロンドン中心部や英国沿岸部等、資産総額120億ポンド以上の広大な不動産を管理しており、2013年より財務インパクトだけでなく、環境や社会のインパクトについても報告を行う「Total Contribution Report」を毎年発行している。2期目の201 [...]

» 続きを読む

【ランキング】2017年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能性のある企業100社」

Facebook Twitter Google+

※最新年度版は【ランキング】2018年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能性のある企業100社」へ  毎年恒例の世界経済フォーラム(通称ダボス会議)。2017年は1月17日から20日までスイス・ダボスで開催されました。今年のダボス会議は、中国の国家主席が市場初めて参加する一方、米次期トランプ政権の主要メンバーがほぼ出席しないなど、昨今の政治状況を反映する場ともなりました。ダボス会議のの目玉のひとつは、サ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る