世界食料デー(World Food Day) 2017/12/30 辞書

 世界食料デー(World Food Day)は、毎年10月16日です。1979年の第20回国連食糧農業機関(FAO)の総会で、FAOが設立された10月16日に因み、世界の食料問題を考える日として定められました。1981年からは世界共通で祝われています。最も重要な基本的人権である「すべての人に食料を」の実現に向け、世界の人々と協力して、栄養不良や飢餓、極度の貧困の解決することを目的としています

 同日はFAO主催でイベントが行われます。毎年一つのテーマが設定され、飢餓を無くすための取り組みや食の安全、栄養のある食事への取り組みを推進する催しが行われます。2017年は「Change the future of migration: Invest in food security and rural development(移住者の未来に変革を〜食料安全保障と農村開発への投資)」がテーマでした。

参考

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る