【日本】三井住友FG、みずほFG、日本政策投資銀行、戸田建設がグリーンボンド発行 2017/11/05 最新ニュース

 今年10月から日本でのグリーンボンド発行が相次いでいる。三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)が10月11日に5億ユーロのグリーンボンドを発行。続いてみずほフィナンシャルグループ(MHFG)が10月16日に同じく5億ユーロのグリーンボンドを発行した。財務大臣100%出資の日本政策投資銀行(DBJ)も10月18日、環境だけでなく社会分野をも対象とする「サステナビリティボンド」を10億ユーロ発行。また、戸田建設は、事業会社が本業プロジェクトを対象に発行する日本初のグリーンボンド100億円の起債を12月頃に予定していると発表した。東京都と鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)もグリーンボンド発行を表明しており、急速に日本のグリーンボンド発行市場が盛り上がってきた。

発行体 発行日 償還期間 発行通貨 発行額 表面利回り
SMFG 2017/10/11 7年 ユーロ 5億ユーロ 0.934%
MHFG 2017/10/16 7年 ユーロ 5億ユーロ 0.956%
DBJ 2017/10/18 5年 ユーロ 10億ユーロ 2.500%
東京都 2017/10/31 5年 100億円 0.200%
東京都 2017/10/31 30年 50億円 0.982%
東京都 2017/12/30 5年 豪ドル 100億円 未定
戸田建設 2017/12 5年 100億円 未定
鉄道・運輸機構 2017/11 10年 200億円 未定
鉄道・運輸機構 2018/2 20年 245億円 未定

 グリーンボンドの使途は、SMFG、MHFG、DBJの金融機関は再生可能エネルギーや省エネルギー分野への投融資がメイン。DBJはそれに加え、グリーンビルディング、交通、環境優良企業への投融資も使途とする。DBJは、2014年に初のグリーンボンドを、翌2015年からはサステナビリティボンドを発行しており、毎年グリーンボンド等の発行体としては日本唯一。しかし発行はいずれも外国通貨建てで、DBJは「投資家の多様性を向上するため」と説明している。一方、戸田建設は全額を浮体式洋上風力発電所の建設費用に充てる。建設場所は五島列島の長崎県五島市。戸田建設は2007年から浮体式洋上風力発電の研究を開始し、2010年には環境省の実証事業にも採択。2016年4月には2MW基が運転開始している。

発行体 発行額 資金使途 主幹事 セカンドオピニオン
SMFG 5億ユーロ 再エネ・省エネ投融資 メリルリンチ、クレディ・アグリコル、SMBC日興証券 サステイナリティクス
MHFG 5億ユーロ グリーンプロジェクト融資 未公開 サステイナリティクス
DBJ 10億ユーロ グリーンビルディング、再エネ、交通、環境優良企業への投融資 JPモルガン、シティグループ、ダイワ・キャピタル・マーケッツ、クレディ・アグリコル サステイナリティクス
東京都 100億円 環境施設等 三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SMBC日興証券 oekom research
東京都 50億円 環境施設等 三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SMBC日興証券 oekom research
東京都 100億円(豪ドル) 環境施設等 みずほ証券、大和証券、野村證券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SMBC日興証券 oekom research
戸田建設 100億円 浮体式洋上風力 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 サステイナリティクス
鉄道・運輸機構 200億円 鉄道路線 みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、野村證券、大和証券 イーアンドイーソリューションズ、サステイナリティクス、日本格付研究所(JCR)(*注1)
鉄道・運輸機構 245億円 鉄道路線 未定 未定(*注2)

 
 グリーンボンドの発行主幹事と言えば、日本の中では比較的取り組みが早かった大和証券のイメージが強かったが、今は三菱UFJモルガン・スタンレー証券、みずほ証券、SMBC日興証券、野村證券も同様に主幹事実績を有し、国内大手はグリーンボンド発行部門を強化してきていることがわかる。一方、セカンドオピニオンは、2016年に東京に支社を立ち上げたオランダ・サステイナリティクス(Sustainalytics)が強い。東京都の案件を取った独oekom researchも存在感を示した。グリーンボンド発行ガイドラインでは、国際資本市場協会(ICMA)のグリーンボンド原則(GBP)の活用が、日本でも定着してきた。

*注1:同債券発行については、正式にはイーアンドイーソリューションズ、サステイナリティクスと日本格付研究所は「セカンドオピニオン」提供ではなく、「環境省のガイドラインへの適合確認」を実施。また委託者は鉄道・運輸機構ではなく環境省。
*注2:同債券発行については、セカンドオピニオン提供は「未定」に訂正。

【参照ページ】三井住友フィナンシャルグループ】グリーンボンド発行について(1/2)
【参照ページ】グリーンボンド発行の決定について
【参照ページ】第3回DBJサステナビリティボンドの発行について
【参照ページ】「戸田建設グリーンボンド」(発行予定)に関するお知らせ
【参考】【日本】東京都、初のグリーンボンド発行。5年債100億円、30年債50億円、豪ドル建100億円(2017年10月27日)
【参考】【金融】鉄道・運輸機構のグリーンボンド、環境省の発行モデル事例第1号に採択(2017年10月24日)

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る