【国際】ISO、世界初のファシリティマネジメント規格ISO41001をリリース 2018/04/28 最新ニュース

 ISO(国際標準化機構)は4月24日、ファシリティマネジメント(FM)規格「ISO41001」をリリースした。ファシリティマネジメント分野の国際規格はISO41001が世界初。同規格は、健康・ウェルビーイング、空間活用、維持管理、セキュリティ、衛生、環境、オフィス費等、幅広い分野をカバーしている。

 ISO41001は、世界各国のベストプラクティスを参考に策定され、自社の不動産管理を行う観点だけでなく、不動産管理先をアウトソースする際の選定基準にも用いられることを期待している。

 策定は技術委員会ISO/TC267が所管。ISOメンバーであるBSI(英国規格協会)が策定をリードした。ファシリティマネジメント市場は、不動産管理委託分だけでも、2025年に世界で1兆米ドルに達すると言われている。

【参照ページ】New standard for facility management just published

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る