private 【アメリカ】アップル、2019年サプライヤー進捗報告書発表。世界1049社に監査実施。高評価76% 2019/03/08 最新ニュース

 米アップルは3月5日、2019年のサプライヤー責任進捗報告書「Supplier Responsibility Progress Report 2019」を発表した。同報告書の発表は、2007年に開始し今年が13年目。アップルは、サプライヤーに対し環境や労働分野の改善に取り組んでおり、毎年改善の進捗状況を開示している。  アップルは2018年、同社のサプライヤー45ヶ国1,049社に対しサプライヤー監査(通称「アップル監査」)を実施した。アップル監査では、労働・人権、安全衛生、環境の3つの観点からサプライヤーが評価される。2018年の結果では、高パフォーマンス評価を受けた事業所が…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る