【EU】2018年に危険警報された製品は2,257点。欧州委発表。リコールは徹底が課題 2019/04/10 最新ニュース

【EU】2018年に危険警報された製品は2,257点。欧州委発表。リコールは徹底が課題 1

 欧州委員会は4月5日、危険製品に対する警報制度「Safety Gate(旧Rapid Alert System)」の2018年の運用結果を発表した。同制度では、欧州委員会が「危険」と判断した製品について、販売停止、リコール、税関での輸入拒否等を発する制度で2013年から運用されている。2018年には、2,257商品に対し発動された。

 発動された製品の内訳は、玩具31%、自動車19%、アパレル関連10%。理由の内訳は、有害化学物質リスク25%、怪我リスク25%、幼児の窒息リスク18%。特にリコールについては、発動されつつも、消費者の回収徹底はできておらず、調査の結果、消費者の3分の1がリコール発動された製品を使い続けていることがわかった。

 警報が発動された製品の半数は中国産。欧州委員会は、中央政府当局に対する働きかけを強化する考え。

【参照ページ】Protecting European consumers: toys and cars on top of the list of dangerous products

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る