【日本】経団連、エネルギー政策提言書発表。原発推進と大手電力会社支援強化 2019/04/12 最新ニュース

 日本経済団体連合会(経団連)は4月8日、日本政府へのエネルギー政策提言書「日本を支える電力システムを再構築する」を発表した。政府が次期エネルギー基本計画の策定にあたり、2030年以降の電力システムの将来像を複線シナリオとして示し、企業が投資回収の可能性が見通せるようにすることを求めた。  発電分野については、再生可能エネルギーの主力電源化に向け、FIT制度を2020年度末までに抜本的に見直すべきと主張。自立化に向けて支援の対象を絞り込み、国民負担を軽減するとともに、引き続き制度的補助が必要な部分については、FIP制度(プレミアム価格買取制度)を採用することも一案とした。その上で、原子力発電については、…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る