【国際】ブルームバーグ、障害者インクルージョンValuable 500署名。世界14社に 2019/04/14 最新ニュース

【国際】ブルームバーグ、障害者インクルージョンValuable 500署名。世界14社に 1

 金融情報配信世界大手米ブルームバーグは3月27日、障害者インクルージョン推進の国際イニシアチブ「Valuable 500」に加盟したと発表した。

 Valuable 500は、2019年の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の中で1月24日に発足。同イニシアチブの加盟企業は、2019年の取締役会アジェンダの中に、障害者雇用の問題を扱うことにコミットする。加盟企業を500以上集める目標を掲げていることから名称に「500」と付けられた。

 今日、世界人口の約15%となる約10億人が何らかの障害を持っている。しかし彼らの価値は企業からは見落とされがちで、障害者の就業率は、非障害就業率の半分程度しかない。さらに2010年以降、その差は広がってきているという。OECD諸国では、法定障害者雇用率を定める傾向にあるが、半数の企業は法定雇用率を遵守するより罰金を払う方を選択している。

 現在、Valuable 500には、ブルームバーグの他、ユニリーバ、マイクロソフト、セインズベリー、アクセンチュア、バークレイズ、オムニコム・グループ、ダンスケ銀行、富士通等14社が加盟している。
 
【参照ページ】BLOOMBERG JOINS GLOBAL CAMPAIGN DRIVING DISABILITY INCLUSION IN THE WORKPLACE
【参照ページ】THE VALUABLE 500 LAUNCHES AT THE WORLD ECONOMIC FORUM ANNUAL SUMMIT TO PROMOTE DISABILITY INCLUSION IN BUSINESS

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る