【国際】IMF、パリ協定での気候変動目標達成に向けた世界の財政政策の状況を分析し提言をまとめた報告書公表 2019/05/09 最新ニュース

 国際通貨基金(IMF)は5月1日、パリ協定での気候変動目標達成に向けた世界の財政政策の状況を分析し提言をまとめた報告書を公表した。IMF理事会は3月19日に同報告書に対するレビューを実施、承認していた。また5月2日、化石燃料に対する各国の補助金を分析した報告書も公表した。国際金融と通貨安定化を担当するIMFもついに気候変動問題を扱い始めたことが大きな注目を集めている。  補助金に関する報告書では、毎年、世界のGDPの6.5%に相当する5.2兆米ドル(約570兆円)が化石燃料分野に投資されていると指摘。大気汚染により毎年420万人が死亡しているとする世界保健機関(WHO)の警鐘にも触れた。  財政政策に関する報告書では、…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る