【国際】CDP、鉄鋼世界20社の気候変動ランキング発表。日本勢は世界大手や韓国勢より下 2019/07/31 最新ニュース

 環境情報開示を推進する国際NGOのCDPは7月31日、製鉄世界大手20社の気候変動対応状況ランキングを発表した。首位は、スウェーデンのSSAB。日本勢は、製鉄世界大手や韓国勢に負ける結果となり振るわなかった。  鉄鋼業界は、二酸化炭素排出量が非常に多い業種。世界の排出量の9%を占める。鉄は世界の金属生産の90%以上を占め、最もリサイクルが進んでいる素材でもある。パリ協定に基づく2℃目標達成のためには、製鉄業界は2050年までに二酸化炭素排出量を65%削減する必要がある。しかし、今回の分析では、企業の目標を積み上げても2050年までに50%未満しか削減できない。但し、製鉄の省エネはほぼ限界までやりきっており、さらなる削減には業界をあげた大幅な変革が求められる。  また製鉄業界の二酸化炭素排出量のうち86%は、すでに二酸化炭素排出量取引制度(ETS)等のカーボンプライシング制度に入っている、もしくは入る予定となっており、2040年までに炭素価格が1t当たり100米ドルに上がる砂リオでは、20社の収益が平均14%損なわれると分析した。  首位SSABは、化石燃料を一切用いない製鉄の実証プロジェクト「HYBRIT Pilot Plant」を2018年に開始。スウェーデン北部のルーレオーで製鉄所建設をすでに着工しており、2020年に完成する予定。2位の…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る