【日本】IBMと東京大学、量子コンピュータの実用化で提携。東大内に量子システム技術センター開設 2019/12/26 最新ニュース

【日本】IBMと東京大学、量子コンピュータの実用化で提携。東大内に量子システム技術センター開設 1

 IT世界大手米IBMと東京大学は12月19日、量子コンピューティングの技術革新ならびに実用化に向けたパートナーシップ「Japan–IBM Quantum Partnership」を発表した。他の大学や政府系研究機関、産業界にも参加を促す。IBMは、量子コンピュータ市場でのシェアを拡大するために、世界的にネットワークを展開中。日本でも東京大学と組み、事業拡大を目指す。

 今回の提携では、IBMの専門チームが開発した多量子ビット演算の品質、安全性、信頼性、再現性の確保できるよう最適化したIBM開発の量子コンピューター「IBM Q System One」を日本国内のIBM施設に設置。量子アルゴリズム、アプリケーション、ソフトウェアの研究や開発の推進に活用、世界初の実用量子コンピュータの実現を目標とする。IBM Q System Oneの設置は世界では米国、ドイツに次ぐ3番目。アジアでは初となる。

 また、東京大学とIBMは、世界初となる量子システム技術センターを、東京大学キャンパス内に開設。極低温技術およびマイクロ波テスト機能を含む実験設備を完備し、次世代量子コンピュータに使用するハードウェア等の技術開発を行う。また、東京大学キャンパス内には、研究交流スペースを設置。学生、教職員、企業の研究者ら参加のセミナー、ワークショップ等を開催する予定。

 同社は東京大学の他にも、ペンシルバニア大学やLinux Foundationと協働で、データサイエンスプログラムの迅速な構築に向けた初のオープンソースプロジェクトを実施。量子コンピューティングの発展と商用、科学応用の開拓に取り組むイニシアチブ「IBM Q Network」では、フォーチュン500企業、スタートアップ、大学・研究機関等の協働も進んでいる。

【参照ページ】IBM and the University of Tokyo Launch Quantum Computing Initiative for Japan

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る