private 【アメリカ】連邦上院、海洋プラスチックごみ対策法案可決。連邦政府機関の対策強化。下院審議へ 2020/01/31 最新ニュース

 米連邦上院は1月9日、海洋プラスチック問題へ対応する法律「Save Our Seas(SOS)2.0 Act」を全会一致で可決した。同法は2018年10月に成立した「Save Our Seas(SOS)Act」を前身としており、今回強化しようとしている。法案は、超党派で提出された。

 米国では、2006年に制定された「海洋デブリ法」以来、米海洋大気庁(NOAA)の海洋デブリ・プログラムが開始。米経済での海洋でブリの発生源特定、予防、削減、除去等を実施してきている。2018年に改正成立した「SOS法」では、海洋デブリを削減するための国際協調や、ハリケーンや津波発生後の海洋デブリの迅速な撤去、NOAAに他の連邦政府機関と対策実施で連携する権限と義務の付与等の施策を打った。

 今回の法改正案では、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る