private 【日本】キリンHD、2050年までにバリューチェーン全体でカーボンニュートラル。社外取締役も増員 2020/02/25 最新ニュース

 キリンホールディングスは2月10日、2013年に策定した「キリングループ長期環境ビジョン」を改訂し、新たに「キリングループ環境ビジョン2050」を発表した。2050年までに環境インパクトを「ポジティブ」にすることを宣言した。

 キリングループの環境ビジョン2050では、2013年の「長期環境ビジョン」と同様に、生物資源、水資源、容器・包装、気候変動の4分野で目標を設定してた。生物資源では、2013年時は「2050年までに、生物資源を持続可能な形で使用していることを目指します」としていたが、今回、FSC、RSPO、レインフォレスト・アライアンス(RA)認証に言及し、これら等の認証スキームに合致した原料農作物を調達すると踏み込んだ。また、気候変動適応として、地球温暖化に適応した農作物を育種することも明記した。食品廃棄物ゼロも盛り込んだ。

 水資源では、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る