private 【国際】中国ウイグルでの強制労働、各業界が対策声明発表。日本大手11社も関与可能性 2020/03/13 最新ニュース

 世界最大の小売業界団体Retail Industry Leaders Association(RILA)は3月10日、中国・新疆ウイグル自治区等における少数民族の強制労働への懸念を示すとともに、政府、企業、労働アドボカシー、NGO等に対し、エンゲージメントとパートナーシップへの等の協力を呼びかけた。

 背景には、米紙ワシントン・ポストが2月末、NIKEの靴生産委託先企業が、新疆ウイグル自治区工場でウイグル人イスラム教徒に対する強制労働に関与していると報じたことが関係している。他にも、アパレル、製造業で、強制労働に関与している企業との取引関係がある世界大手企業の名前が取り沙汰されている。発表したのは、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (2)

ページ上部へ戻る