【イギリス】毎年、電子廃棄物50万tが廃棄や不法輸出。リサイクルの促進重要。団体レポート 2020/08/01 最新ニュース

【イギリス】毎年、電子廃棄物50万tが廃棄や不法輸出。リサイクルの促進重要。団体レポート 1

 英電子廃棄物(E-Waste)削減活動NGOのMaterial Focusは7月16日、英国での電子廃棄物量とリサイクルの現状を分析したレポートを発表した。

 同調査は、ランカスター大学、サステナビリティコンサルティング会社Anthesis、Valpak、Repic等が実施した。その結果、英国では年間で165万tの電子機器が販売されており、そのうち買換ではない純増製品販売が21万tを占めていた。

 買換により廃棄された145万tの電子廃棄物では、65万tが認定を受けた処理事業者によるリサイクルが実施。また18万tが商業活動の再利用事業者によって再利用されていた。また再利用団体が再利用しているものが8万tあった。

 また処理の実態としては、50万t以上がリサイクルされず、適切に処理されていないことも見えてきた。そのうち15.5万tはごみ箱に捨てられ、焼却処理や埋立処理に回っており、14.5万tの産業電子廃棄物はリサイクル処理の証明がないままに処分されていた。また11.4万tは盗難。3万tは不法輸出となっていた。

 また同調査では、小型電子機器19万tが、退蔵され、資源を有効活用できない状況になっていることがわかった。焼却・埋立処分された小型電子廃棄物がリサイクルされれば、二酸化炭素排出量を130万t削減できると試算した。

 同団体は、電子廃棄物に含まれる金、銅、アルミニウム、鉄などを回収することで、年間で3.7億ポンドの英国全体でのコスト削減につながるとし、電子廃棄物をリサイクルすることの重要性を呼びかけた。

【参照ページ】Transforming what we do with our old electricals

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る