private 【国際】政府系金融機関の連合会、パリ協定での投融資基準厳格化で共同声明。JICAとADBは猛反発 2020/11/23 最新ニュース

 世界の政府系金融機関全460機関が集う初の会合「Finance in Common Summit(FICS)」が11月9月から12日まで仏パリで開催され、パリ協定の達成に向け投融資基準を厳格化していく共同声明を最終日に発表した。しかし、当初予定された石炭関連に対する投融資禁止という文言については、日本の国際協力機構(JICA)や、日本政府から総裁を出しているアジア開発銀行(ADB)が強く反発し、先送りとなった。

 FICSは、政府系金融機関(Public Developmetn Banks: PDBs)の結束に向け、フランスのエマニュエル・マクロン大統領とアントニオ・グテーレス国連事務総長が提唱し発足。世界開発金融機関連合会メンバー(WFDFI)と国際開発金融クラブ(IDFC)が事務局を務め、フランス開発庁が会合を主催した。FICSに参加した450機関は、全体で年間2兆ドル(約210兆円)の投融資を行っており、民間も含めたファイナンス額全体の約10%を占める。

 FICSのエグゼクティブコミッティの構成機関は、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る