【国際】GRESB、加盟運用会社での不動産とインフラのSFDR対応状況を分析。データ未開示が過半 2021/06/07 最新ニュース

【国際】GRESB、加盟運用会社での不動産とインフラのSFDR対応状況を分析。データ未開示が過半 1

 国際ESG不動産評価機関GRESB(グローバル・リアルエステイト・サステナビリティ・ベンチマーク)は6月3日、GRESB加盟運用会社の開示データに基づき、EUサステナブルファイナンス開示規則(SFDR)の対応状況を分析した結果を発表した。

【参考】【EU】欧州監督機構、サステナブルファイナンス開示規則(SFDR)のRTS最終案公表。考慮必須が13項目に減少(2021年2月8日)
【参考】【国際】ICMA、EUのサステナブルファイナンス開示規則RTS規則案に反発。意見書提出(2021年3月1日)

 SFDRは、運用ファンドを、カーボンニュートラルへの貢献に応じて「グレー」「ライトグリーン」「ダークグリーン」の3段階に色分けすることを要求している。今回GRESBが分析したところ、不動産アセットクラスでは、情報未開示が全体の55%を占める。また開示している45%のうち、グレーは6%、ライトグリーンは41%、ダークグリーンは14%だった。

【国際】GRESB、加盟運用会社での不動産とインフラのSFDR対応状況を分析。データ未開示が過半 2
(出所)SFDR

 インフラファンドでは、情報未開示が75%。開示している25%のうち、グレーは3%、ライトグリーンは21%、ダークグリーンは12%だった。

【国際】GRESB、加盟運用会社での不動産とインフラのSFDR対応状況を分析。データ未開示が過半 3
(出所)SFDR

【参照ページ】GRESB and SFDR – Data in review

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る