private 【EU】欧州監督機構、サステナブルファイナンス開示規則(SFDR)のRTS最終案公表。考慮必須が14項目に減少 2021/02/08 最新ニュース

 EUの欧州監督機構(ESAs)を構成する欧州銀行監督機構(EBA)、欧州証券市場機構(ESMA)、欧州保険・年金監督機構(EIOPA)の3者合同委員会は2月4日、欧州委員会に対し、金融機関に課すサステナブルファイナンス開示規則(SFDR)に関する規制テクニカル基準(RTS)規則案を含む最終報告書を提出した。また、導入延期が決まっているRTSの施行日を2022年1月とするよう提言した。

 SFDRは、欧州議会とEU理事会で可決され、2019年12月に官報に掲載。SFDRと関連するEUタクソノミー規則も同様に2020年6月に官報に掲載され、双方が施行されている。SFDRについては、制度概要を定めたSFDR本文(レベル1と呼ばれる)と、別途詳細ルールを定めるRTS(レベル2と呼ばれる)で一体のルールとなっている。

 RTSの原案は、2020年4月20日に発表され、パブリックコメントを募集した後に、2021年3月10日に発効する予定だった。しかし、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る