private 【シンガポール】代替卵フロート・フーズ、1.8億円の資金調達。全卵形状商品を2022年に販売開始へ 2021/06/10 最新ニュース

 シンガポール代替卵スタートアップのフロート・フーズは6月、出資ラウンドで220万シンガポールドル(約1.8億円)の出資資金調達ラウンドに成功した。同社に対しては3月に、シンガポール投資大手テマセクの財団「テマセク財団」が助成を決定しており、急速に注目を集めている。

 代替卵は、代替プロテインの一つで、植物由来の原料で卵の同等食品するというもの。米国ではイート・ジャストが2011年に米サンフランシスコで創業し、2019年に米ミネソタ州で最初の生産工場を獲得。2020年には、Proterra Investment Partners Asiaとの合弁会社をシンガポールに設立することも発表し、シンガポールでの生産とアジア市場開拓で狼煙を上げている。同12月にはシンガポール政府も同社の代替卵に認可を与えている。

 イート・ジャストの代替卵「Just Egg」は、ウコンと緑豆が原料。一方、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る