【日本】ホンダ、月面での水電解と燃料電池での電源確保を検討。JAXAと研究開発契約 2023/01/24最新ニュース

【日本】ホンダ、月面での水電解と燃料電池での電源確保を検討。JAXAと研究開発契約 1

 本田技研工業は1月19日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)との間で、月面探査車両の居住スペースとシステム維持に電力を供給するための「循環型再生エネルギーシステム」に関する研究開発契約を締結したと発表した。JAXAから委託を受ける形で概念検討を行い、2023年度末までに初期段階の試作機である「ブレッドボードモデル」を製作する。

 循環型再生エネルギーシステムの仕組みは、同社独自の「高圧水電解システム」と「燃料電池システム」を組み合わせたもので、太陽エネルギーと水から継続的に酸素・水素・電気を製造する。「水電解システム」で水を電気分解して水素と酸素を作り、「燃料電池システム」で水素と酸素から電気を作り出す。

 米国が主導し、日本も参加している国際宇宙探査プロジェクト「アルテミス計画」では、2020年代後半に長期の有人月面探査が計画されており、探査ローバーと人間生活のための電気が必要となる。昼間は、太陽光発電が可能だが、夜間は別の電源が必要。本田技研工業は、地球から莫大なコストをかけて月面にバッテリーを運ぶより、現地で水からの発電を行う方がコストパフォーマンスがよいとみている。

【参照ページ】有人月面探査で人の居住空間に電力供給を行う 「循環型再生エネルギーシステム」について、JAXAと研究開発契約を締結

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Links