【国際】世界カカオ財団と企業21社、コートジボワールとガーナの熱帯雨林保護・再生で協働

Facebook Twitter Google+

 カカオ産業のサステナビリティ向上を目指す世界カカオ財団(WCF)は11月16日、気候変動枠組み条約ボン会議(COP23)の場で、新たなイニシアチブ「Frameworks for Action」の設立を発表した。世界のカカオの3分の2を生産するコートジボワールとガーナでカカオ栽培による熱帯雨林伐採を食い止め、国立公園を守る。熱帯雨林を保護することで大気中の二酸化炭素を固定化するにもつながり気候変動緩和にも貢献できる。  過去10年で、 [...]

» 続きを読む

【国際】英皇太子、チョコレートメーカー世界大手を招集。森林破壊撲滅に向けた共同趣旨書発表

Facebook Twitter Google+

 英国チャールズ皇太子は3月16日、世界カカオ基金(WCF)、Sustainable Trade Initiative(IDH)と共同で、チョコレート産業に関する国際会議をロンドンで開催した。チャールズ皇太子は、2004年にサステナビリティ情報開示の推進機関The Prince’s Accounting for Sustainability Project(A4S)を立ち上げ、国際統合報告評議会(IIRC)を2010年にの設立する際に [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ハーシー、2015年CSRレポート公表。気候変動、パーム油、動物愛護など目標発表

Facebook Twitter Google+

 チョコレート米国最大手のハーシーは6月9日、2015年のCSRレポート「Shared Goodness」を公表した。同社は、2014年に続き2015年でも、サステナビリティ調達、食の安全、より健康的な原材料の利用などに取り組んだ。その中には国際的な関心が高まっている気候変動やパーム油の責任ある調達も含まれている。加えて2015年には各国の恵まれない子どもたちのために栄養教育を実施する「Nourishing Minds」プログラムも開 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ハーシー、持続可能なサプライチェーン構築に向けてガーナの子供たちの栄養支援

Facebook Twitter Google+

 米チョコレート製造大手のザ・ハーシー・カンパニー(以下、ハーシー)は9月30日、クリントン・グローバル・イニシアチブ(CGI)において新たにガーナの7,500の農家に対して農業トレーニングを実施するというコミットメントを公表した。  ハーシーは農家のトレーニングを通じ、同社がガーナ・スクール・フィーディング・プログラムおよび地元NPOのプロジェクト・ピーナツ・バターとの協働によりガーナの学校に通う児童らに無償で配布している栄養サプリ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ハーシー、パーム油のサプライチェーンに関する追跡調査の第一次結果を発表

Facebook Twitter Google+

 米チョコレート製造大手のザ・ハーシー・カンパニー(以下、ハーシー社)は4月23日、パーム油のサプライチェーンに関する追跡調査の第一次結果を発表した。同社は環境NGOのザ・フォレスト・トラスト(以下、TFT)と協働し、パーム油およびパーム核油を供給する全ての搾油工場のうち94%以上のサプライチェーンを調査した。  パーム油の生産に関してはこれまで、農地の開拓や搾油工場の建設のための森林伐採、またそれにより居住地を奪われた原住民との対立 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ハーシー、商品の透明性向上と責任調達の推進に向けて原材料を見直しへ

Facebook Twitter Google+

 米チョコレート製造大手のザ・ハーシー・カンパニー(以下、ハーシー)は2月18日、より高品質でおいしい商品の製造を通じた社会貢献の一環として、同社の商品に使用する原材料をよりシンプルで分かりやすいものへと移行すると発表した。また、今回の発表は、同社が掲げる責任ある原料調達方針をより一層推進するための取り組みでもある。  具体的には下記3つの点に焦点を絞り、原材料の見直しに取り組んでいく。 よりシンプルな原材料の使用:地元産の新鮮なミル [...]

» 続きを読む

【コートジボワール】ハーシー、カカオ農家支援プログラムをコートジボワールへ拡大

Facebook Twitter Google+

The Hershey Company(以下、ハーシー)は9月9日、同社が西アフリカで展開しているカカオ農家向けのトレーニングプログラムを、世界最大のカカオ生産国であるコートジボワールに拡大すると発表した。新たに始まる3年間のプログラム”Hershey Learn to Grow Ivory Coast”では、ハーシーのカカオサプライヤーであるカーギル社との協力により教育インフラや教師向け住宅への投資が行われる予定だ。 Hershey [...]

» 続きを読む

【ガーナ】ハーシーとガーナ・ココボード、ガーナの最も優れたカカオ農園を選出

Facebook Twitter Google+

米国最大手のチョコレートメーカー、The Hershey Company(ザ・ハーシー・カンパニー、以下ハーシー社)は8月6日、カカオ生産の近代化、カカオ農園の収入増加、そして地域社会の支援を目指して同社が取り組んでいるプログラム、Hershey Learn to Growの一環として、ガーナのカカオ産業を代表する政府系機関、ガーナ・ココボード(Ghana Cocoa Board)と共に、ガーナにおいて最も優れた3つのカカオ農園を選出 [...]

» 続きを読む

【人権】進展する児童労働撲滅に向けた動き 〜企業が新たな担い手に〜

Facebook Twitter Google+

児童労働関与の疑いで投資家に訴えられる事業会社 今年3月、ブルームバークがあるニュースを報じました。「チョコレート世界大手のハーシー(Hersey Co.)が、出資者であるルイジアナ年金基金から違法な児童労働関与の疑いを指摘され、ハーシーに対して証拠提出を要求する法廷闘争に突入した。」というものです。ハーシーは、世界的なカカオ産地である西アフリカからカカオを仕入れており、その仕入元で違法児童労働行為があったことをハーシーが認識していた [...]

» 続きを読む
2014/08/30 体系的に学ぶ

【ガーナ】チョコレート産業のグローバル企業12社、サステナビリティ戦略「カカオ・アクション」を発表

Facebook Twitter Google+

The Hershey Company(ザ・ハーシー・カンパニー)やNestlé(ネスレ)、Mars(マーズ)など世界を代表するチョコレート産業に関わる企業12社は5月22日、ガーナのカカオ産業のサステナビリティ向上を目指して新たな計画を進めることについてガーナ政府と合意した。 「Cocoa Action(カカオ・アクション)」と呼ばれるこの計画は、カカオ産業に関わる企業とガーナ政府との更なる協力強化を通じて、カカオ産業をより活性化し [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る