【国際】世界のエネルギー需要は増加する中、石炭需要は2022年まで横ばい。IEA報告

Facebook Twitter Google+

 国際エネルギー機関(IEA)は12月18日、石炭エネルギー市場レポート「Coal 2017」を公表した。同レポートによると、世界のエネルギー需要は増加していく中、世界の石炭需要は2022年までほぼ横ばい。石炭のエネルギー供給構成比や発電電源比は減少する。  IEAは、日米欧を中心した29ヶ国が加盟する国際的なエネルギー機関。1970年代のオイルショックを機に、エネルギー供給の安定化を図るため1974年に設立された。  2016年の世 [...]

» 続きを読む

【アジア太平洋】アジア開銀、気候変動の社会影響予測報告書発表。10億人が移住を強制される可能性

Facebook Twitter Google+

 アジア開発銀行(ADB)は7月14日、気候変動がアジア太平洋地域の社会に及ぼす影響を分析した報告書「A Region at Risk: The Human Dimensions of Climate Change in Asia and the Pacific」を発表した。独ポツダム気候影響研究所(PIK)との共同作成。今後の気候変動は、アジア太平洋地域の社会を破壊すると警鐘を鳴らした。発表イベントでは、PIKのHans Joach [...]

» 続きを読む

【環境】2016年 CDPレポート 〜気候変動・ウォーター・フォレストとAリスト入りした日本企業〜

Facebook Twitter Google+

 環境分野で企業の情報開示を促す国際NGOのCDPは、2016年後半に、「気候変動」「ウォーター(水)」「フォレスト(森林)」分野での2016年度レポートを続々と公表しました。この報告書には、各分野の最新動向、世界的な企業動向、各企業の評価が発表されています。 【参考】CDPとは・意味(2016年2月20日)  CDPは世界から年々大きな注目を集めています。2015年から2016年にかけて、世界では持続可能な社会に向けた2つの大きな動 [...]

» 続きを読む

【中国】ファーウェイが2014年サステナビリティ報告、デジタルデバイド解消に向け前進

Facebook Twitter Google+

 中国の通信機器大手ファーウェイ・テクノロジーズ(華為技術)は6月5日、欧州CSR協会のイベントで、同社の2014年サステナビリティレポートを発表した。ファーウェイは非上場企業ながら世界ブランドランキング"BrandZ"でも70位をマークする世界的な大企業。通信機器業界では世界2位、3位を争う企業だ。現在世界170ヶ国以上で事業を営む同社は、日本での知名度はあまり高くない。それでも、ソフトバンク社の基地局の多くを同社が手掛け、NTTド [...]

» 続きを読む

【ランキング】2015年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」

Facebook Twitter Google+

※最新年度版は【ランキング】2017年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」へ 世界経済フォーラムが毎年1月にスイス東部のダボスで開催するダボス会議。同フォーラムで毎年恒例のセッションとなっているのが“Global 100 Most Sustainable Corporations in the World” (Global 100 Index)であり、この結果がカナダの出版社により「世界 [...]

» 続きを読む
2015/01/27 体系的に学ぶ

【戦略】欧米CSRの最前線 〜Sustainable Brands 2014参加レポート〜

Facebook Twitter Google+

世界の先進企業のCSR・サステナビリティマネジメント事例が共有されるカンファンレンス、Sustainable Brands。毎年、世界約10都市で開催されており、私も今年10月に開催されたアメリカ・ボストン、11月に開催されたイギリス・ロンドンの会に参加してきました。カンファレンスは通常、2日間にわたる各企業のプレゼンテーションと、別日程1日で催される少人数のワークショップで構成。30社ほどの企業がプレゼンテーションを行い、会場にはコ [...]

» 続きを読む
2014/11/13 体系的に学ぶ

【戦略】アジアCSRの最新事情 〜CSRアジアサミット2014参加レポート〜

Facebook Twitter Google+

2014年9月16日、17日、アジア地域で大きなネットワークを持つCSRコンサルティング会社・CSRアジアが香港で年次イベント「CSRアジアサミット2014」を開催、10周年となる今回のイベントには、アジア各国から事業会社、投資銀行、コンサルティング会社、NGOなど600人を超える参加者がアジアの20以上の国から集まりました。イベントでは、基調講演のほか24のテーマセッションが開催、会場となった香港のシャングリラ・ホテルにはところ狭し [...]

» 続きを読む
2014/09/28 体系的に学ぶ

【国際】国際取引所連合、サステナビリティ報告の統一基準づくりを開始

Facebook Twitter Google+

サステナビリティレポートのフォーマット統一の動きが投資家サイドから始まってきた。世界各国の証券取引所が加盟する国際取引所連合(WFE)が2014年6月ワーキング・グループを立ち上げ、サステナビリティ関連情報の情報開示についての議論を開始した。それに呼応する形で、サステナビリティ関連のシンクタンクである米Ceresは、世界最大の資産運用会社BlackRockを含む期間投資家と共同で、企業のサステナビリティ報告についての統一基準案を国際取 [...]

» 続きを読む

【フランス】二酸化炭素回収・貯留技術に関する最新トレンドレポートが発行された

Facebook Twitter Google+

調査レポート検索ツールを提供するフランスのReportLinker社は、製造業での二酸化炭素削減に関する最新技術と、2025年までの技術ロードマップの研究成果をまとめたレポート"Moving toward Sustainability-Carbon Reduction Technologies in Industry (Technical Insights)"を発表した。レポートの中では、今後の二酸化炭素削減を左右する二酸化炭素回収貯 [...]

» 続きを読む

【イギリス】銀行大手RBS、サステナビリティレポートに向けた活動を発表

Facebook Twitter Google+

英大手銀行のロイヤルバンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)は、同社のサステナビリティレポート「2013 Sustainability Review」を発表した。同レポートの中では昨年度を振り返り、社会的な責任を意識するサステナブルな銀行になるための取り組みのほか、再生可能エネルギー分野への融資で英国最大としての地位を保ち続けたことも発表した。主たる成果として同レポートに掲載されているものは、融資総額の3%は再生可能エネルギー [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る