【国際】国連事務総長、国連ハビタットのSDGsミッション明確化。目標11街づくりの中核機関に

Facebook Twitter Google+

 アントニオ・グテーレス国連事務総長は2月27日、国連人間居住計画(UN-Habitat:国連ハビタット)の新たな戦略方向性に関するメモを国連経済社会理事会(ECOSOC)に提出した。2020年から2025年までの間、国連持続可能な開発目標(SDGs)の目標11「住み続けられる街づくりを」の分野でのイノベーションとエクセレンスの中核に据える構想。  今回の計画は、SDGsが策定されてから初めて、UN-Habitatに関する戦略の方向性 [...]

» 続きを読む

【国際】「大規模自然災害の2018年被災者数は6170万人」国連国際防災戦略事務局

Facebook Twitter Google+

 国連国際防災戦略事務局(UNISDR)とベルギーにある災害疫学研究センター(CRED)は1月24日、2018年の異常気象災害死傷者数を発表。被災者数は6170万人、死者10,733人と発表した。国連防災世界会議の「仙台防災枠組2015-2030」等による災害リスクマネジメント強化の奏功もあり、死者数は減少傾向にある。  大規模自然災害による死者数は、2000年から2017年の年平均が77,144人。2018年は、壊滅的な津波や地震が [...]

» 続きを読む

【国際】国連国際防災戦略、仙台防災枠組に基づくオンライン情報開示ツールをリリース

Facebook Twitter Google+

 国連国際防災戦略(UNISDR)は3月1日、2015年3月に仙台で開催された第3回国連防災世界会議で採択された「仙台防災枠組(Sendai Framework for Disaster RiskReduction 2015-2030)」に基づき、包括的な情報収集・開示の取り組みを開始した。オンラインデータ開示ツール「Sendai Framework Monitor」を公開した。  仙台防災枠組は世界187ヶ国が採択し、達成ターゲット [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る