private 【アメリカ】シエラクラブ、電力大手の電源脱炭素化調査。大半が電源計画でのコミット不足

Facebook Twitter Google+

 米環境NGOシエラクラブは2月4日、米電力大手79社と親会社50社の長期的な気候変動緩和計画を分析したレポートを発表した。多くの企業が、カーボンニュートラルを実現するための電源計画を策定しておらず、真剣に動き出さなければ「グリーンウォッシュ」になると警鐘を鳴らした。  シエラクラブの調査では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アジア】1140兆円の機関投資家団体、日本含むアジア電力会社に脱炭素化要求。取締役会に重大な責任

Facebook Twitter Google+

 気候変動対策推進のアジア機関投資家団体AIGCCは12月1日、日本を含むアジア地域の電力会社に対し、カーボンニュートラル経済への移行に向けた十分な準備を進め、気候変動リスク対応を事業戦略や既存事業に統合するよう要求する共同声明を発表した。AIGCCの加盟機関投資家は49機関で、運用資産の合計は11兆米ドル(約1,140兆円)。  AIGCCは今回、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】2020年度の原発賠償負担金2.4兆円。廃炉円滑化負担金4700億円。経産省承認

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は7月22日、原子力発電事業者10社から申請のあった賠償負担金と、原子力発電事業者7社から申請のあった廃炉円滑化負担金の申請を承認したと発表した。  賠償負担金と廃炉円滑化負担金は、東日本大震災の後に制定された原子力損害賠償・廃炉等支援機構法に基づき、国が大手電力会社から徴収している費用。賠償負担金は、大規模な原子力損害が発生した場合に支払う賠償費用の事前積立金として課している制度だが、現時点では実質的に東京電力の福島第一 [...]

» 続きを読む

private 【国際】WBCSD、電力会社向けCO2削減のSBT設定ガイダンス発表。取組みの遅い分野にテコ入れ

Facebook Twitter Google+

 持続可能な発展を目指すグローバル企業団体WBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)は6月30日、電力会社向けの新たな二酸化炭素排出量削減ガイダンスをリリースした。世界の気温上昇を1.5℃に留めることを目指し、電力会社2050年までに二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を実現するための方法をまとめた。  WBCSDは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】PG&E、2018年山火事で4.4億円の罰金で合意。刑事裁判も決着

Facebook Twitter Google+

 米電力大手PG&E(パシフィック・ガス&エレクトリック・カンパニー)は3月23日、2018年11月に発生した山火事に関する郡裁判所での刑事訴訟で最終合意に達したと発表した。同社は罪を認め、罰金350万米ドル(約3.8億円)と検察側の裁判費用50万米ドル(約5,500万円)を支払う。 【参考】【アメリカ】電力大手PG&E、カリフォルニア山火事の賠償請求で1.5兆円の和解成立。会社更生完了目指す(2019年12月14日) 【参考】【アメ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】Ceres、電力会社向け気候変動シナリオ分析フレームワークを改訂。1.5特別報告書を考慮

Facebook Twitter Google+

 米ESG投資分野アドボカシーNGOのCeresは8月15日、米電力会社用の気候変動シナリオ分析フレームワークの改訂版を提示した。今回の改訂では、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の「1.5℃特別報告書」が2050年までに二酸化炭素ネット排出量をゼロにしなければならないとしたことを基に、分析の尺度を改めた。  同フレームワークは、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)のガイドラインに基づき作成されている。今回の改訂では、 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】カリフォルニア州下院、2045年までに同州電力を100%脱化石燃料化させる州法案可決

Facebook Twitter Google+

 米カリフォルニア州下院は8月28日、カリフォルニア州の電力会社に対し、2045年までに化石燃料を用いた火力発電を段階的に廃止し、再生可能エネルギーに転換することを目標として設定する州法案「SB100」を可決した。今後、同法案は州上院での審議に入る。  中間目標として、2026年までに再生可能エネルギー発電を50%、2030年までに60%にまで引き上げることを義務化する。2045年までの脱化石燃料については義務や罰則は現段階では設けて [...]

» 続きを読む

【アメリカ】エジソン電気協会、電力会社向けのESG情報開示フォーマット作成。業界横断比較を可能に

Facebook Twitter Google+

 米電力会社業界団体のエジソン電気協会(EEI)は8月27日、米業界企業向けにESG情報開示フォーマットを発行した。エジソン電気協会は、米国の全民間電力会社が加盟する組織。海外の電力会社90社も国際会員として加盟している。  エジソン電気協会は、電力各社のESGデータを投資家が横断比較できるよう、今回情報開示フォーマットを作成した。作成に当たっては、金融市場関係者や電力会社関係者を集めたワーキンググループを組成。素案は2017年12月 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】Ceres、米電力企業向けの気候変動戦略アセスメントガイダンスを発表

Facebook Twitter Google+

 米ESG投資分野アドボカシーNGOのCeresは4月10日、米電力企業向けの気候変動戦略アセスメントガイダンスを発表した。機関投資家から支持されるため、気候変動戦略の具体的な立案手法を解説している。同ガイダンス作成の資金はEnergy Foundationが拠出した。  米国では、機関投資家の間で気候変動への関心が年々高まっており、投資先の電力会社に具体的なアクションを求めるエンゲージメントを起こす事例も増えてきている。  今回のガ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る