【国際】OECDとFAO、農業サプライチェーンのサステナビリティ向上パイロットプロジェクト開始 2018/02/25 最新ニュース

 経済協力開発機構(OECD)と国連食糧農業機関(FAO)は2月16日、持続可能な農業生産と農業サプライチェーンを実現するためのパイロットプロジェクトを発足した。両機関はすでに「OECD-FAO Guidance for Responsible Agricultural Supply Chains(責任ある農業サプライチェーン・ガイダンス)」を2016年に策定しており、今回30社に試験導入する。

 OECDとFAOは、農業業界は、労働慣行、生産性、環境、サプライチェーンの透明性等の面で課題が多いと捉えている。OECDは1976年に「OECD多国籍企業行動指針」を制定しているが、2016に農業分野に焦点を当てた「責任ある農業投資原則」をFAOと共同で制定。同時にFAOに「世界食料安全保障の食料システム委員会(Food Systems of the Committee on World Food Security)」を設置した。そして2016年に両者で「責任ある農業サプライチェーン・ガイダンス」を策定し、すでにG7各国の農相からも支持を得ている。

 同ガイダンスは、中小企業から大企業まであらゆる農業・食品企業が参照できるものとなっており、OECDとFAOは参照を勧めている。

【参照ページ】OECD and FAO call for responsible investment in agriculture

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る