【国際】MSCIとOECD、SDGs考慮のESGインデックス設計で共同研究発表。パフォーマンスも分析 2018/12/17 最新ニュース

 インデックス開発世界大手米MSCIと経済協力開発機構(OECD)は12月14日、国連持続可能な開発目標(SDGs)を考慮したESGインデックス設計に関する共同研究ペーパー「Institutional Investing for the SDGs」を共同発表した。SDGs分野に民間投資を呼び込みたいOECDと、ESGインデックス大手のMSCIが手を組んだ。
 OECDは、SDGs分野での影響力やインパクトを発揮するためには、大企業の関与が不可欠と認識。その大企業に株主として影響を与えられる機関投資家の役割は大きいとした。また、大企業自身の海外直接投資(FDI)も、発展途上国の持続可能な成長に向けた非常に大きな存在とみている。その上で、ESGインデックス投資は、重要なソリューションの一つという見方を示した。
 OECDとMSCIは、SDGsへの投資を促すESGインデックスの要件として…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る