【インド】政府、2030年までに再エネ500GW導入。2022年までに大規模水力除きで175GW 2019/07/01 最新ニュース

 インド新・再生可能エネルギー省のアーナンド・クマール事務次官は6月25日、2030年までに再生可能エネルギー設備容量を新たに500GW導入すると発表した。石炭火力発電への依存度を下げ、大気汚染を削減する。中間目標として、2022年までに大規模水力発電除きで175GW、含みで225GWと語った。

 インドは二酸化炭素排出量で世界第3位。2030年までに現行21.4%の再生可能エネルギー割合を40%以上に引き上げることを政府目標としている。一方、経済成長に伴い、電力重要も大きく増加していく見通しとなっており、どこまで再生可能エネルギーでの発電にシフトしていけるかが焦点となっている。

 インド政府は2018年8月17日、国内消費目的の石油コークスの輸入を禁止した。石油コークスは、石油精製の最終残渣として残る炭素分の多い固体で、燃料とすると二酸化炭素排出量が多い。それにより、一部地域では、石油コークスから石炭へのシフトも発生している。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る