【日本】政府、途上国の廃棄物管理「マリーン・イニシアチブ」発足。NGO24団体は不十分と批判 2019/07/03 最新ニュース

 G20大阪サミットは6月29日、2050年までに海洋プラスチックごみによる追加的な汚染をゼロにまで削減することを目指す「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」をG20大阪首脳宣言の中に盛り込んだ。それを受け、安倍晋三首相は6月9日、同サミットにおいて,日本は途上国の廃棄物管理に関する能力構築及びインフラ整備等を支援していくアクション「マリーン(MARINE)・イニシアティブ」を立ち上げると発表した。しかし、直後に環境NGO24団体から、同ビジョンや同イニシアチブでは不十分とする批判の声が上がった。  日本政府の「マリーン(MARINE)・イニシアティブ」は、…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る