【イギリス】WWFやSky等、海草植栽プロジェクト発足。規模2万平米。気候変動緩和等を期待 2019/09/08 最新ニュース

 世界自然保護基金(WWF)、英メディア大手Skyのキャンペーン「Sky Ocean Rescue」、スウォンジー大学の3者は9月4日、英国最大の海草植栽プログラム「Seagrass Ocean Rescue」の実施を発表した。同プログラムは、過去1世紀で92%の緑が消失したウェールズ西部の海域20,000m2で、海洋植物の再生を目指すもの。大幅な減少の原因には、沿岸開発、汚染、ボートの渡航による自然破壊等がある。

 海草は、森林の35倍の速さで二酸化炭素を吸収することが分かっている。昨今のアマゾンの熱帯林の火災を受け、海草が気候変動対策の鍵として注目されている。海草が占める面積は、海底の0.2%にも関わらず、二酸化炭素吸収量は海洋全体の10%を占める。また海草は魚にとっての住処でもあり、生物多様性の観点からも重要。10,0002の海草で、魚と無脊椎動物あわせて8万種を保護できるという。その他にも沿岸の侵食防止や人類によって排出された汚染物質の浄化も担う。

 同プロジェクトは、海草の植栽地近くの地域コミュニティと協力し、地元の生活に影響を与えない方法で設計。今夏、スウォンジー大学のボランティアによって、ブリテン島周辺で海草から100万の種子が採集された。英国政府に認められれば、大規模海草の回復のモデルケースになる可能性がある。

【参照ページ】One million seeds to be planted in UK’s biggest seagrass restoration scheme

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る