private 【アメリカ】ゴールドマン・サックス、石炭・北極圏原油ダイベストメント発表。CCS付石炭火力は例外 2019/12/18 最新ニュース

 金融世界大手米ゴールドマン・サックスは12月16日、一般炭(石炭)の新規採掘、山頂除去採掘(MTR)、炭素回収・貯蔵(CCS)技術が搭載されていない石炭火力発電の新設へのファイナンスを全面的に禁止すると発表した。さらに、米国金融機関としては初めて、「北極圏国立野生生物保護区」を含む北極圏での原油採掘へのファイナンスも禁止した。  米国は、欧州の金融機関に比べ、化石燃料へのファイナンス禁止や制限の動きが遅かった。特に、2010年頃からのシェール革命では、水圧破砕法を用いたシェールオイルやシェールガスの採掘にファイナンスを拡大し、北極圏での石油・ガス採掘にも積極的にファイナンスしてきていた。  今回の禁止措置は、プロジェクトファイナンスだけでなく、調達資金を禁止分野に用いる一般融資も対象となる。さらに、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る