private 【国際】機関投資家の資源採掘尾鉱ダム安全性イニシアチブ、ポータルサイト開設。関心・対策促す 2020/02/01 最新ニュース

 機関投資家の尾鉱ダム安全性イニシアチブ「Mining and Tailings Safety Initiative」は1月24日、尾鉱ダムに関する情報公開ポータルサイトを開設した。尾鉱ダムについては、2019年1月に資源採掘世界大手ブラジルのヴァーレが所有していた「ブルマジーニョ尾鉱ダム」が決壊し、大量の死者を出したことを契機に機関投資家の間でも対策への関心が高まっている。 【参考】【ブラジル】ヴァーレ所有ダム決壊、死者100人超。当局は105億円の罰金や3500億円の資産凍結(2019年2月3日)  Mining and Tailings Safety Initiativeは、英国国教会年金理事会とスウェーデン公的年金基金APの倫理委員会が共同でヘッドを務め、参加している機関投資家の運用資産総計は13.5兆米ドル(約1,460兆円)。今回のポータルサイト「Global Trailings Portal」開設では、国連環境計画(UNEP)も協力した。  現在、同サイトで情報公開されている資源採掘企業は…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る