private 【国際】IRENA、2050年カーボンニュートラルで5倍の経済効果と算出。2050年長期展望 2020/04/24 最新ニュース

 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は4月20日、2050年までの再生可能エネルギーの展望を分析したレポートを発表。パリ協定での1.5℃目標を達成するために、最大130兆米ドル(約1.4京円)の投資が必要となるが、それに伴う社会経済的便益は莫大と予測。2050年までに世界のGDPに98兆米ドル(約1京円)以上の便益が見込まれるとした。

 同レポートは、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る