private 【国際】WWF、水リスク・シナリオ分析ツール発表。2030年と2050年の各地のリスク表示 2020/10/09 最新ニュース

 国際環境NGO世界自然保護基金(WWF)は10月6日、同団体が開発・運営している水リスク分析ツール「WWFウォーター・リスク・フィルター」の機能を追加。「Optimistic」「Current Trend」「Pessimistic」の3つのシナリオを用意し、2030年と2050年における各地の水リスク・エクスポージャーをマッピング表示できるようにした。すでにデンマーク飲料大手カールスバーグが同シナリオを用いたシナリオ分析実施第1号企業となった。

 WWFウォーター・リスク・フィルターは、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る