private 【EU・中国】双方、EU・中国包括的投資協定(CAI)の重要原則で合意。人権・気候変動規制強化も 2021/01/01 最新ニュース

 EUのシャルル・ミシェル欧州理事会議長(EU大統領)及びウルズラ・フォン・デア・ライエン欧州委員会委員長と、中国の習近平・国家主席は12月30日、オンライン会合を開催し、EU・中国包括的投資協定(CAI)の重要原則で合意した。EU理事会議長国の独アンゲラ・メルケル首相と、フランスのエマニュエル・マクロン大統領も同席した。

 CAIは、EUにとって中国市場をEU向けに開放させるために2013年に開始した交渉。2019年4月に開催されたEU・中国サミットで、2020年末までにCAIに向けた交渉を妥結することを目標として掲げ、特にドイツとフランスが合意に向け積極的に動いていた。中国にとっては、日中韓など15カ国が加盟した「地域的な包括的経済連携協定(RCEP)」に続き、自由貿易や投資促進に向けた政策課題をまた一つ成功させた。

 今回の協定は、EU加盟国から中国への市場アクセスを確保する狙いがある。EUは、中国に対し市場を開放してきた一方、中国はEUに対し市場開放を制限してきたと考えている。そのため交渉では、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る