【イタリア】エネル幹部、「2050年にガスに未来はない」「CCS技術は問題解決しない」と言及 2021/02/05最新ニュース

 エネルギー世界大手イタリアのエネルは1月29日、同社の2050年二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)目標に関連し、同社子会社エネル・グリーン・パワーのサルバトーレ・ベルナベイCEOが「ガスには未来がないのは明白」と述懐した。また「二酸化炭素をオフセット(ここまで「回収」の意)する技術を私は信じない」と断言し、CCS(炭素回収・貯留)技術の将来性を否定した。

【参考】【イタリア】エネル、2030年までに脱炭素化に向け20兆円投資。再エネ、EV充電、DXに注力(2020年11月25日)

 エネルは現在、…

Links