private 【EU】企業団体CLG Europe、EU競争力理事会にグリーンリカバリー要請。GDP成長・雇用創出でも最適 2021/03/13 最新ニュース

 英ケンブリッジ大学のサステナビリティ・リーダーシップ研究所(CISL)率いるCorporate Leaders Group(CLG)の欧州支部「CLG Europe」は2月18日、EU理事会の内部機関であるEU競争力理事会の委員(加盟国閣僚級)に対し、新型コロナウイルス・パンデミックからの経済復興に気候変動対策を織り込むグリーンリカバリー政策を通じて、EUの競争力を強化すべきと提言した。

 同提言書は、EU競争力理事会が2月25日に開催される前に出されたもの。CLG Europeの最新レポートによると、EUが定めた2050年カーボンニュートラル目標は、付加価値税(VAT)減税等の単なる経済刺激策と比べ、GDP成長と雇用増を実現するという。そのため、電気自動車(EV)、不動産の省エネ、再生可能エネルギーや低炭素型エネルギーの普及、グリーン水素を追求することで、2024年までにEUで200万人の雇用を創出すると伝えた。

 その上で、重要な政策として6つを提示した。

  • サーキュラーエコノミーの加速と、カーボンニュートラル型資源での世界主導
  • イノベーティブな金融支援メカニズムの導入
  • グローバルと歩調を合わせた上で、実効性と予測可能性のあるカーボンプライシングの実現
  • 再生可能エネルギーと低炭素エネルギーのコスト削減
  • パフォーマンスの定量測定
  • 雇用とスキルの公正な転換

 CLG Europeの加盟企業は現在13社。ユニリーバ、コカ・コーラ ヨーロピアン・パートナーズ(CCEP)、セールスフォース、DSM、環境防衛基金(EDF)、アクシオナ、イベルドローラ、Signify、ストラ・エンソ、Sky、Interface、ROCKWOOL、マイクロソフト。

【参照ページ】CLG Europe open letter to the Competitiveness Council underlines support for green recovery and industrial policy aligned with EU climate targets

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る