【日本】伊藤忠、東京23区のコロナ自宅療養者に無償で食糧支援。ファストドクターと協働 2021/09/10 最新ニュース

【日本】伊藤忠、東京23区のコロナ自宅療養者に無償で食糧支援。ファストドクターと協働 1

 伊藤忠商事は9月9日、新型コロナウイルス・パンデミックで、自宅療養者への医療支援を行うファストドクターと協働で、東京都23区の自宅療養者向けへの食料品の無償提供を9月14日から開始すると発表した。東京都の自宅療養者は急増し、9月6日時点でも依然として約1.6万人台で推移。また、伊藤忠商事は、子会社の伊藤忠テクノロジーベンチャーズを通じて、ファストドクターに出資している。

 感染者の療養中は10日間以上に渡って自宅から外出できないため、適切な食料の確保が、体力回復を左右する上で重要な課題。ファストドクターは、医師が往診した際、自宅療養者から「食料が底をつきかけている」という声を多く耳にしており、今回の支援策に行き着いた。

 支援内容としては、具体的には、ファストドクターに登録する医師が往診する際や、オンライン診療によって処方薬を宅配する際に、スポーツ飲料、ゼリー、茶系飲料、おかゆ、みそ汁、菓子等、栄養・消化のしやすさ・日持ち・食べやすさ等を考慮した約10種類の食料品を配布する。伊藤忠商事は、国内外のネットワークを活かし、取引先の食品メーカーと連携し、タイムリーに食料品を供給する。すでに、伊藤園、ハナマルキ、ロータスベーカリー、はくばくが、賛同を表明している。

【参照ページ】新型コロナウイルス感染による自宅療養者向け食料支援について

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (1)

ページ上部へ戻る