【国際】アルミニウムに関する新たなサステナビリティ基準が誕生

Facebook Twitter Google+

アルミニウムのバリューチェーン全体におけるサステナビリティ向上を目的とする国際イニシアチブのAluminium Stewardship Initiative(以下、ASI)は先月、温室効果ガスの削減も含むアルミニウム関連産業全体のESGパフォーマンス改善を目的として新たな基準”Aluminium Stewardship Initiative Performance Standard(以下、ASI Standard)”を公表した。 同基 [...]

» 続きを読む

【北米】環境保護NGO、森林認証プログラムの信頼性に対する疑問を提起

Facebook Twitter Google+

米国の環境保護団体ForestEthicsは1月7日、同日公表したレポート"Peeling Back the Eco-Labels”の中で、森林保護の分野で世界をリードしている二大森林認証プログラムのForest Stewardship Council(FSC)とSustainable Forestry Initiative(SFI)に認証プロセスを厳密に比較・監査した結果、FSCと比較してSFIの認証プログラムは重大な問題を抱えてい [...]

» 続きを読む

【国際】2014年の世界におけるサステナビリティを象徴する10の出来事

Facebook Twitter Google+

ユニリーバやヒューレット・パッカード、PwCなど世界の名だたる企業のサステナビリティ担当顧問・アドバイザーを務め、環境経営戦略に関するベストセラー“Green to Gold”の共著者としても知られるAndrew Winston氏が、2014年のサステナビリティ業界を振り返って特に象徴的だった10の出来事をHarvard Business Reviewに寄稿している。 2014年はサステナビリティの世界でも本当に多くのニュースが飛び交 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】P&G、2014年度のサステナビリティレポートを公表

Facebook Twitter Google+

消費財大手のプロクター・アンド・ギャンブル(以下、P&G)が16年目となる最新のサステナビリティレポートを公表した。 今年度のレポートでは、目標よりも6年早く廃棄物の削減目標を達成、パルプ認証目標については1年早く目標を達成するなど、順調なサステナビリティ目標進捗状況を示しているほか、70億リットルのクリーンな飲料水をコミュニティに届けるP&G Children Safe Drinking Water Programの活動などが紹介さ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】GAPのブランドOld Navy、女性向けプラスサイズジーンズの価格設定が批判の的に

Facebook Twitter Google+

米国アパレル大手のGAPが展開するブランド”Old Navy”が、同ブランドの販売していた女性用プラスサイズ商品の価格が過剰に高く設定されているとして消費者らから批判を浴びていた問題で、批判者らはOld Navy側から一定の譲歩を勝ち取った。 Old Navyは価格自体の変更は表明していないものの、既に12月初旬からオンラインで販売されていたプラスサイズ商品の店頭での返金受付を開始している。それまでは、返品を希望する購入者は商品を返送 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】Amazon、AWSの運営を100%再生可能エネルギーへ

Facebook Twitter Google+

AppleやGoogle、Facebookに引き続き、これまで再生可能エネルギーについては沈黙を保ってきたAmazonも、ついに11月の中旬に同社のクラウドサービス部門、AWS(Amazon Web Service:アマゾン・ウェブ・サービス)の運営を100%再生可能エネルギーにするという誓約を発表した。 IT業界ではここ数年、 AppleやGoogle、Facebookなどの大手企業らがGreen PeaceなどNGOなどからの圧力 [...]

» 続きを読む

【イギリス】サステナビリティに貢献するアプリ、eBay、Kindle、Skypeなどがランクイン

Facebook Twitter Google+

スマートフォンが世界的に普及しつつある今、モバイルアプリをサステナビリティ向上への活用できる可能性が高まってきている。消費者は様々なモバイルアプリの利用を通じて意図する、しないに関わらずよりサステナブルな消費行動を取り入れるようになってきているのだ。 英国コンサルティングファームWSP Groupは先日、独自の評価手法で世界のサステナビリティに貢献しているモバイルアプリランキングTOP20をまとめたホワイトペーパー“Apps for [...]

» 続きを読む

【アメリカ】企業戦略の要としてますます重要さを増すCSOの役割

Facebook Twitter Google+

米国サンフランシスコに本拠を置くサステナビリティ・CSR人材専門のサーチファームのWeinreb Groupは10月27日、CSO(Chief Sustainability Officer:最高サステナビリティ責任者)に関する最新動向をまとめたレポート、”The Evolution of the Chief Sustainability Officer”を公表した。 同レポートによれば、CSOの責任範囲はここ数年で大きく変化しており、 [...]

» 続きを読む

【イギリス】グローバルブランド25社以上が結束し、新たなオンラインプラットフォームを公開

Facebook Twitter Google+

持続可能なライフスタイルをより身近で、より取り組みたいと感じるものにすることで、人々のサステナビリティに対する見方を変えたい。 そんな思いのもと、世界を代表するグローバルブランド25社以上が結束し、より持続可能な未来の実現に向けて一人一人のアクションを促すための新たなオンラインプラットフォーム、「Collectively」をオープンした。 Collectivelyは、英国のNPO、Forum for the Futureが10月7日に [...]

» 続きを読む

【アメリカ】「安全で持続可能な食料品には平均31%多く支払ってもよい」消費者意識調査

Facebook Twitter Google+

米国の消費者意識に関する興味深い調査結果が公表された。米国のコミュニケーション戦略支援会社、Gibbs-rbb Strategic Communications(以下、Gibb-rbb社)が10月15日に公開した消費者意識調査レポート”Conscious Consumer™ Study“によると、米国人は持続可能な形で生産された食料品に対し、平均して31%多く支払ってもよいと考えているという。 同調査によれば、米国の家庭は平均して1週 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る